シュワシュワ発泡で血行促進! コロンとかわいい「手作りバスボム」でリラックス♪

冬はお風呂をゆっくり楽しむのにぴったりの季節です。入浴剤があればより充実したなお風呂タイムに♪ 購入することが多い入浴剤ですが、手作りすれば、香りも色も穏やかで、何が入っているか分かって安心です。そこで今回は、ナチュラルライフを提案する佐光紀子さんに、発泡作用で血行を促進する「重曹とクエン酸を合わせたバスボムの作り方」を教えてもらいました。

2102_P050_01.jpg

泡作用で血行促進
バスボム

重曹とクエン酸を混ぜ合わせたバスボムは、お湯に入れるとシュワシュワと発泡します。

二酸化炭素の泡の効果で血行が良くなり、リラックス効果も期待できます。

材料(200Lくらいの浴槽で5~6回分)
・重曹 2カップ
・クエン酸 1カップ
・グリセリン 大さじ1
・コーンスターチ 大さじ1

作り方
①ボウルに重曹とコーンスターチを入れる。下から返すようによく混ぜる。

2102_P050_02.jpg2102_P050_03.jpg2102_P050_04.jpg

②グリセリンを加え、ほぐすように全体をしっかり混ぜる(精油を入れる場合は数滴垂らす)。クエン酸を入れ、よく混ぜる。

2102_P050_05.jpg

2102_P050_06.jpg

③5~6等分してぎゅっと丸く握る。崩れるようならラップで包む。好きな型に入れて成形しても。1日乾燥させ、チャック付きポリ袋で保存し、早めに使い切る。

2102_P050_07.jpg

2102_P050_08.jpg

使い方
入浴時に投入して発泡を楽しみましょう

バスボムの醍醐味は発泡なので、事前に入れておかず、湯船につかると同時に入れます。浴槽の底からシュワシュワと細かい泡が体を包んで血行が良くなり、リラックスできます。
2102_P050_10.jpg

おしゃれにラッピングしてプレゼントに

100円ショップのラッピング袋に入れて、知人やお世話になった人へのちょっとしたプレゼントに。成形前に食用色素を付属のスプーン半分くらい入れると、きれいな色になります。
2102_P050_11.jpg

コーンスターチのデンプン質は、重曹とクエン酸が反応しないよう遮断剤の役割を果たします。

2102_P050_09.jpg

【まとめ読み】特集「手作り入浴剤」記事リスト

取材・文/米原晶子 撮影/吉田篤史

 

<教えてくれた人>
佐光紀子(さこう・のりこ)さん
家事研究家。重曹や酢など自然素材を使った掃除やエコでナチュラルな生活スタイルを提案。翻訳家としても活躍。著書に『ナチュラルクリーニングの最強レシピ』(扶桑社)、『椿油のすごい力』(PHP研究所)など。

この記事は『毎日が発見』2021年2月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「趣味」のキーワード

PAGE TOP