人生の大転換期の3年間に突入! 2021年「九紫火星」の人の運勢は?

あなたの2021年は、いったいどのような年になるのでしょう? 社会運勢学会理事の山口知宏さんに、「九紫火星」の2021年の運勢を詳しく解説していただきました。個人の運勢は、自分の生まれ年に巡っていた「九星の本命星」で見てください(記事下段に表があります)。

pixta_45954106_S.jpg

大きな変革の始まり。自分の本当の願いに気付く

【総合運】自己と周囲と対話し新しい自分を創造

2021年から人生の大転換期の3年間に突入する九紫火星。

3年後の成長した自分をイメージし、大胆に自己改革をしたい。

夏場に運勢が強く輝くので、前半戦が勝負どころだ。

秋口から停滞が始まり、12月はかなり落ち込むので注意。

それでも、周囲や環境には恵まれるので、全体を通して幸せな一年。

静かな時間が運勢を高めるので、落ち着いて生活したい。

【人間関係・家庭】正義を主張するより対立を避ける行動を

2021年の九紫火星にとって、全ての変化は進化に直結する。

変化の中には別れもあり、人によっては退職を迫られたり、子どもの転勤や友人の引っ越しなど、変化と不安の中で動いていく。

そして、その中で生じる対立は大事件に発展する可能性がある。

それを避ける意味でも、2021年は「学び」と「旅行」が最高の開運行動となる。

学びの最中にあるときは、周囲の雑音が気にならない。

旅行も同様で、周囲と離れることが可能だ。

近場でも構わないので、知らない街に一人で出かけてみるといい。

誰も自分を知らない孤独を味わうことで、これまで自分を支えてきてくれた人たちのありがたみが胸に染みる。

2021年は家庭にこそ吉がある。

ここまで全力で走ってきて、家庭を顧みる余裕すらなかった。

2021年はしっかりと休みを取り、家族サービスを心がけよう。

また、相続問題や終活の話もじっくりと向き合いたい。

【健康・生活】病気の再発に注意。こまめに検診を

健康面では循環器に不安が生じる。

不整脈などがある人は、日頃から十分に注意しつつ、定期的に検診を受けること。

また、病気が再発する恐れもあり、特に腰痛に注意。

股関節に不安がある人は、インソール(靴の中敷き)を使うのもおすすめ。

足の負荷を軽減すれば、ひざへの負担も減る。

ファッションは全体的にシックな色でまとめたい。

男性は帽子にこだわってみるのもいい。

【2021年のバイオリズム】

2101_P057_01.jpg2101_P057_02.jpg

生まれ年から本命星を探す

個人の運勢は、自分の生まれ年に巡っていた九星の本命星で見ます。年の変わり目は節分とし、2月3日生まれまでは前年で見ます。

2101_P048_01.jpg

テーマカラーとは?
年によって各々の星が位置する場所の色。毎年変わる。テーマカラーの服を選ぶと開運を導ける。

ラッキーカラーとは?
自分の星がいる場所と、自分を結びつけ、快適に過ごさせてくれる接着剤のような役割の色。毎年変わる。

【まとめ読み】特集「2021年私の『運勢』と『人間関係」」記事リスト

取材・文/田辺千菊(Choki!)

 

<教えてくれた人>
社会運勢学会理事
山口知宏(やまぐち・ともひろ)さん
経営コンサルタント。社会運勢学の第一人者・村山幸徳氏に師事。社会・政治・経済など、現在の時勢を気・易・社会運勢学の観点から論じる切り口に定評があり、年間150本以上の講演を行う。

この記事は『毎日が発見』2021年1月号に掲載の情報です。
PAGE TOP