周囲との共感がポイントに。2021年「八白土星」の人の運勢は?

あなたの2021年は、いったいどのような年になるのでしょう? 社会運勢学会理事の山口知宏さんに、「八白土星」の2021年の運勢を詳しく解説していただきました。個人の運勢は、自分の生まれ年に巡っていた「九星の本命星」で見てください(記事下段に表があります)。

pixta_70140595_S.jpg

怒りを手放し学びに変える。自分を再創造する活動を

【総合運】天命のままにいまを楽しむ

2021年は周囲との共感がポイントになる。

4月に運勢がいったん落ち込み、同時に周囲の運勢も悪化するので、物事を無理に進めないこと。

初夏から再び運勢が強さを取り戻してくるので慌てないように。

秋以降は運勢が下降し始めるが、周囲が励まし支えるように寄り添ってくれる。

2021年は、少し速度を落として、毎日の生活を味わいながら進みたい。

【人間関係・家庭】損を受け入れて大きな徳を積む

使命感に生きる人生から、成果を楽しむ人生に舵を切る2021年。

ただし、そこにはつらさも同居する。

受け取る以上に差し出すことがポイントとなり、相手はほとんどが目上の人になる。

しかも大切なものを差し出すので悔しさも伴う。

家庭でも面倒事を押し付けられるが、2021年は「損して得とれ」がテーマになるので、引き受けるようにしよう。

修行の一年になるが、最も手放すべきが「怒りの感情」だ。

八白土星は、一見穏やかな表情の下に、驚くほど怒りを蓄えてしまっている人も多い。

そもそも他人など思い通りになるわけがないので、2021年は怒りを捨てて、学びに変えると人間関係もうまくいく。

家庭では明るい雰囲気を作ることを心がけたい。

家族で神社などに出かけるのもいい。

その際、おさい銭を出し惜しみしないこと。

家庭内で対立が生じたらすぐ仲裁に入り、お金の問題であれば、多少の支援は前向きに考えたい。

【健康・生活】食事はバランス重視。口のトラブルに注意

健康面では食生活の見直しが必要。

ダイエットもいいし、休肝日を設けたりして、飲み過ぎ・食べ過ぎを改善したい。

サプリメントなどで補給することより、摂取し過ぎているものを減らすことを考えよう。

また、歯の問題が起こりやすく、歯周病は早めに対処するように。

口臭にも注意。

ファッションはパステルカラーの装いが運勢を高める。

貴金属を身に着けるとさらに効果的。

【2021年のバイオリズム】

2101_P056_01.jpg2101_P056_02.jpg

生まれ年から本命星を探す

個人の運勢は、自分の生まれ年に巡っていた九星の本命星で見ます。年の変わり目は節分とし、2月3日生まれまでは前年で見ます。

2101_P048_01.jpg

テーマカラーとは?
年によって各々の星が位置する場所の色。毎年変わる。テーマカラーの服を選ぶと開運を導ける。

ラッキーカラーとは?
自分の星がいる場所と、自分を結びつけ、快適に過ごさせてくれる接着剤のような役割の色。毎年変わる。

【まとめ読み】特集「2021年私の『運勢』と『人間関係」」記事リスト

取材・文/田辺千菊(Choki!)

 

<教えてくれた人>
社会運勢学会理事
山口知宏(やまぐち・ともひろ)さん
経営コンサルタント。社会運勢学の第一人者・村山幸徳氏に師事。社会・政治・経済など、現在の時勢を気・易・社会運勢学の観点から論じる切り口に定評があり、年間150本以上の講演を行う。

この記事は『毎日が発見』2021年1月号に掲載の情報です。
PAGE TOP