摩擦を避け、与える一年に。2021年「七赤金星」の人の運勢は?

あなたの2021年は、いったいどのような年になるのでしょう? 社会運勢学会理事の山口知宏さんに、「七赤金星」の2021年の運勢を詳しく解説していただきました。個人の運勢は、自分の生まれ年に巡っていた「九星の本命星」で見てください(記事下段に表があります)。

pixta_69978749_S.jpg

力強い運勢を背負い自分の使命を果たす

【総合運】周囲の後押しを得て自己の完成に向かう

ここ数年、七赤金星の周囲ではいろいろな出来事があって、かなりもまれてきた。

そのおかげで実力も付いて、精神的な余裕が出てきている。

そうなると、不思議と実力者のバックアップが得られるようになり、いままでとは一つ次元が違うところへと足を踏み入れるようになる。

周囲との摩擦を避け、与える一年だということを念頭に置いて過ごしたい。

【人間関係・家庭】自制心を進化させて周囲に与える一年

2021年の七赤金星は、実力者との兼ね合いで輝く。

自分には信じられないような、大きな流れのサポートを得て、その結果、自らも実力者となっていく。

力強い運勢を背負い、周囲の人に喜びと生きがい、そして利益を分け与えることによって、さらなる発展が期待できる年になる。

まずは、いちばん負担をかけてきた家族に愛と喜びを与えたい。

旅行など普段なかなかできない特別な家族サービスを演出するのも悪くないが、日常の小さな感謝でもいい。

会話するときは向き合って、じっくり話を聞いたり、一緒に買い物に出かけるなど、日常生活がとても大事になる。

また、家族からの要望も多く、特に父親やしゅうとからもたらされる依頼は大きな意味を持つことになる。

目を背けたくなることもあるが、根本的な問題を解決しないと何度も繰り返すので、腰を据えて取り組むこと。

折に触れて、家族にプレゼントを渡すと運勢が高まる。

【健康・生活】運気の低下が招く体の不調や災難あり

健康面はトラブルの暗示。

特に、交通事故や転倒などの不慮の出来事で健康が損なわれる可能性が高い。

家族の車の点検を怠らないこと。

歩きやすい靴を買ったり、夜は出歩かないなど、リスクを避ける生活を心がけよう。

あとは、呼吸器系の不具合にも注意。

脳ドックを受けるのもおすすめ。

ファッションは普段より明るめに。

女性の場合は、帽子やネックレスにこだわってみるといい。

【2021年のバイオリズム】

2101_P055_01.jpg2101_P055_02.jpg

生まれ年から本命星を探す

個人の運勢は、自分の生まれ年に巡っていた九星の本命星で見ます。年の変わり目は節分とし、2月3日生まれまでは前年で見ます。

2101_P048_01.jpg

テーマカラーとは?
年によって各々の星が位置する場所の色。毎年変わる。テーマカラーの服を選ぶと開運を導ける。

ラッキーカラーとは?
自分の星がいる場所と、自分を結びつけ、快適に過ごさせてくれる接着剤のような役割の色。毎年変わる。

【まとめ読み】特集「2021年私の『運勢』と『人間関係」」記事リスト

取材・文/田辺千菊(Choki!)

 

<教えてくれた人>
社会運勢学会理事
山口知宏(やまぐち・ともひろ)さん
経営コンサルタント。社会運勢学の第一人者・村山幸徳氏に師事。社会・政治・経済など、現在の時勢を気・易・社会運勢学の観点から論じる切り口に定評があり、年間150本以上の講演を行う。

この記事は『毎日が発見』2021年1月号に掲載の情報です。
PAGE TOP