我慢を経て、運勢は右肩上がりに。2021年「三碧木星」の人の運勢は?

あなたの2021年は、いったいどのような年になるのでしょう? 社会運勢学会理事の山口知宏さんに、「三碧木星」の2021年の運勢を詳しく解説していただきました。個人の運勢は、自分の生まれ年に巡っていた「九星の本命星」で見てください(記事下段に表があります)。pixta_29350609_S.jpg

使命から逃げずに継続。周囲とともに歩む決意を

【総合運】我慢の前半戦を経て運勢は右肩上がりに

2021年は三碧木星に活動的なエネルギーが戻ってくる。

春先はまだ停滞感があり、不安になることも多いが、焦らず実力を蓄える時期にしたい。

5、6月は周囲の動きが重く、思い通りに進まず不満が募る。

9月は運勢が大きく落ち込むが、秋以降に飛躍のチャンスが到来。

11、12月は運勢が高まり、そのままの勢いで2022年の高運期に向かっていく。

【人間関係・家庭】不満や愚痴は禁物。周囲と歩む決意を

2021年は、周囲の期待に応えることを最優先としたい。

「自分のしたいこと」と「周囲のしてほしいこと」が重なったところに人生拡大のチャンスがある。

秋の彼岸を迎えるころまでは、不本意な出来事が立て続けに起こる。

その際、周囲に不満をまき散らすと、2021年の運勢の強さが台無しに。

第一印象が悪い人と出会っても、それだけで判断せず、つながりを切らないようにしたい。

自身の好き嫌いを優先せず、周囲の動きを受け入れることから運勢が徐々に開けていく。

家庭内では不満がたまりやすい。

特に実家との関係でトラブルが生じやすいので、母親が健在なら対話を繰り返すこと。

亡くなっている場合はお墓参りに行くとよい。

こうした時間を作ることが心の余裕につながっていく。

主婦の場合、家のことを一人で抱え込まず、ご主人に手伝ってもらうと、期待通りの結果にならずとも、家庭が円滑にまわる。

【健康・生活】生活習慣を改めて油断のない生活を

健康面では古傷の再発が心配。

過去に、胃潰瘍や十二指腸潰瘍を患った人は再発しやすいので、生活習慣から改めたい。

また、三碧木星の女性は特に受難の一年。

婦人科系の検診をはじめ、体の隅々までチェックしておく慎重さがほしい。

また、料理中に指を切るなど、不測のケガや事故にも襲われやすいので油断せず過ごそう。

ファッションは、クラシックなデザインの服を選ぶと吉。

【2021年のバイオリズム】

2101_P051_01.jpg2101_P051_02.jpg

生まれ年から本命星を探す

個人の運勢は、自分の生まれ年に巡っていた九星の本命星で見ます。年の変わり目は節分とし、2月3日生まれまでは前年で見ます。

2101_P048_01.jpg

テーマカラーとは?
年によって各々の星が位置する場所の色。毎年変わる。テーマカラーの服を選ぶと開運を導ける。

ラッキーカラーとは?
自分の星がいる場所と、自分を結びつけ、快適に過ごさせてくれる接着剤のような役割の色。毎年変わる。

【まとめ読み】特集「2021年私の『運勢』と『人間関係」」記事リスト

取材・文/田辺千菊(Choki!)

 

<教えてくれた人>
社会運勢学会理事
山口知宏(やまぐち・ともひろ)さん
経営コンサルタント。社会運勢学の第一人者・村山幸徳氏に師事。社会・政治・経済など、現在の時勢を気・易・社会運勢学の観点から論じる切り口に定評があり、年間150本以上の講演を行う。

この記事は『毎日が発見』2021年1月号に掲載の情報です。
PAGE TOP