外ではなく「中の色」を統一してすっきり♪ ロングシャツで「60歳の縦長コーデ」

着なれた「いつもの服」の上だけ替えたり、何かをプラスしてすっきりおしゃれに見える方法を、スタイリストの柿田たみかさんに聞きました。年齢を重ねて、少しゆったりした体形をカバーしながら、自分らしい着こなしを発見してみてください。今回は「単色パンツの活かし方」をご紹介します。

2006_p012_02.jpg

健康的に見せたい大沢るみさん(60歳)

いつものパンツですっきり変身

2006_p016_02.jpg

単色と柄を組み合わせるありがちなファッション...
着回しのきく単色のパンツに柄の組み合わせ。そしてパンツと同系色のシャツをはおるスタイルが定番ですが、もう少し華やかさが欲しい...。


【After】ラクに着られるロングシャツ。中の色を統一してすっきり

2006_p016_01.jpg

パンツ/私物 ネイビーロングシャツ3,561円+税、ネックレス1,680円+税/ともにモード ローブ 中に着たVネックカットソー4,500円+税/ランズエンド バッグ 3,990円+税/マンゴ フラットシューズ18,000円+税/タラントン by ダイアナ

外ではなく、中の色を統一することですっきり見せることができます。

さらにロングシャツで縦長効果もバツグンです。

Point:中心部分の色を統一すると縦長効果が出ます

2006_p017_01.jpg

首から足元までの、縦の中心部分を同系色にするのがポイントです

色で統一感を出しつつ、さらに、縦長効果を得られるロングシャツを合わせます。裾が揺れる感じも、おしゃれ度をアップさせています。

Point:袖をまくって手首を見せると洗練された印象になります

2006_p017_02.jpg

シャツの袖をロールアップ(くるくるとまくり上げる)して手首を見せると、洋服を着こなしている感じが出ます。

Point:足元の色を合わせると季節感が出てバランスも◎

2006_p017_03.jpg足元もすっきり見えるように、パンツと靴の色を合わせます

すっきり見せるワザは"首を見せる"だけでなく、パンツと靴の色のトーンを合わせるのも有効。バランス良く見えます。

【まとめ読み】いつもの服で「すっきり見える」大作戦

取材・文/下田 雅 撮影/大瀬智和

 

<教えてくれた人>

スタイリスト
柿田たみか(かきた・たみか)さん
雑誌、テレビ、CM 、通販カタログ等、幅広くスタイリングを担当。美容雑誌や主婦向けの雑誌等で、ラクでおしゃれな着こなしの提案が人気です。

【衣装協力】

●アディナ ミューズ シブヤ(アディナ ミューズ) TEL:03-5458-8855
●アビステ TEL:03-3401-7124
●ストックマン(イヌイトゥーシュ、シッタムール、タンデム、ヨーロピアンカルチャー) TEL:03-3796-6851
●セシール TEL:0120-70-8888
●ダイアナ 銀座本店(ダイアナ、ダイアナ ウェルフィット、タラントン by ダイアナ) TEL:03-3573-4005
●ドゥクラッセ TEL:0120-178-788
●ステラ(パオロ トナリ) TEL:03-5408-5171
●ベルメゾンコールセンター(ベルメゾン) TEL:0120-11-1000
●ホワイト ザ・スーツカンパニー 新宿店(ホワイト) TEL:03-3354-2258
●ロコンド(マンゴ) www.locondo.jp
●モード ローブ https://mode-robe.com
●ユニバーサルランゲージ 渋谷店(ユニバーサルランゲージ) TEL:03-3406-1515
●日本ランズエンド(ランズエンド) TEL:0120-554-774

この記事は『毎日が発見』2020年6月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「趣味」のキーワード

PAGE TOP