強い意志を持って問題解決を図る。2020年「三碧木星」の人はこうなる

「社会運勢学は、単なる占いとは全く異なり、「十干(じっかん)」「十二支」「九星(きゅうせい)」で構成される陰陽五行説です。運勢は、私たちの生活している世の中の動きに大きく左右されるため、社会動向を知ることが開運の第一歩になります。今回は社会運勢学の第一人者、山口知宏さんに2020年の三碧木星の運勢を詳しく解説していただきました。

自分の可能性を信じ、厳しい冬を耐える。
強い意志を持って問題解決を図る

pixta_36779832_S.jpg

【総運勢】夜明けを待つ一年

2020年の三碧木星は、3年続く大転換期の最終年を迎える。

9年周期の九星気学のバイオリズムの中で最も運勢が落ちる一年で、季節でいうと冬に当たる。

この落ち込みを「嵌入(かんにゅう)」と呼ぶのだが、三碧木星は比較的軽いとされる星なので、必要以上に不安になることはない。

低運期ながら、2月と5月は運期が高まり、夏至を過ぎれば、心に明るさが戻ってくる。

8月以降は運勢が強さを取り戻してくるので、実質半年の辛抱だ。

出かける気がしないなら無理をせず、家の中での楽しみを見つければいい。

読書をしたり、映画を見たり、身近なところにも心を満たすものはたくさんある。

物事が思い通りに進まなくても焦りは禁物。気分転換に温泉旅行をしたり、外食をしたり、いままで忙しくてできなかったことに時間を使うと、人間関係も深まり、道は開ける。

物事が進まないときだからこそ、問題解決にしっかり取り組みたい年。

だましだましやってきたことや、先送りにしていたことに向き合ってみよう。

霜柱に朝日が当たり、徐々に解けていくように、長年放置して固まっていた問題が少しずつ解けて消えていく。

問題を解決しておくと、厄年が明ける2021年に足を引っ張られず、より大きく飛躍できるはずだ。

【家庭運】家族への感謝を忘れずに

家庭の中でも不穏な空気が流れそうな年。

何もないのに疑心暗鬼になって、パートナーのあらゆる行動が疑わしく思えてしまう。

言葉尻をとらえて責めるような行為に走れば、後々大きな後悔をもたらすので気を付けたい。

相手を信じ、日常の些細なことに感謝し、平穏に過ごすことを心がけよう。

息子がいる場合、さまざまな問題を持ち帰ってくる可能性があるので、日ごろの行動や言動に注意したい。

家庭内に問題を抱えている場合は、解決する絶好のチャンス。

そのまま放置するとトラブルの火種になる。運気を上げるには、家庭内を笑いで満たすこと。

重い雰囲気を打開するには、うどんすきをすると会話も弾んで、家族の笑顔につながるはずだ。

【健康運】冷えから来る不調に注意

一年を通じて風邪を引きやすい。

冷えから体が固まりがちになり、節々に痛みが出そうなので、温泉に行ったり、マッサージを受けるのもおすすめ。

ストレッチやヨガも有効で、体調が整うと同時に若返りも期待できる。

気持ちが上がらないときは、アロマオイルを焚いてみよう。

徐々に心身が整ってくるのを実感できるはずだ。

【おしゃれで開運】

モノトーンが似合う年なので、シックで落ち着いたものを選ぶように。

見えない部分のおしゃれもポイントなので、洋服の裏地に凝ってみたり、新しい下着をそろえるのもおすすめ。

あまり派手ではないシンプルなブレスレットは運気を上げる。

テーマカラー

白、黒、グレー

ラッキーカラー

緑、モスグリーン

ラッキーフード

うどんすき

生まれ年から本命星を探す

1912p068_02.jpg

2020年社会運勢学で読み解く!『展望と開運2020年』その他の記事はこちら

 

<教えてくれた人>
社会運勢学会理事
山口知宏(やまぐち・ともひろ)さん

経営コンサルタント。社会運勢学の第一人者・村山幸徳氏に師事。社会・政治・経済など、現在の時勢を気・易・社会運勢学の観点から論じるスタイルに定評があり、年間150本以上の講演を行う。

1912p067_01.jpg

『展望と開運2020』

(村山幸徳(むらやま・ゆきのり)/KADOKAWA)

2020年の展望をはじめ、九星全ての生き方や開運方法をまとめた究極の人生指南書。

この記事は『毎日が発見』2019年12月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「趣味」のキーワード

PAGE TOP