成果を味わいながらゆっくり成長。2020年「一白水星」の人はこうなる

「社会運勢学は、単なる占いとは全く異なり、「十干(じっかん)」「十二支」「九星(きゅうせい)」で構成される陰陽五行説です。運勢は、私たちの生活している世の中の動きに大きく左右されるため、社会動向を知ることが開運の第一歩になります。今回は社会運勢学の第一人者、山口知宏さんに2020年の一白水星の運勢を詳しく解説していただきました。

成果を味わいながらゆっくり成長。
停滞をチャンスに変える

pixta_46121657_S.jpg

【総運勢】予期せぬ変化が進化に

2019年の一白水星はまさに努力の一年だった。

ところが、2020年はもう一回り大きな山が出現し、人生の転換期を迎える。

公私ともに大きな変化がもたらされ、「まさか」と思うような出来事に翻弄されるだろう。

ただ、それを「進化の波」ととらえるか、「苦境の連続」ととらえるかによって結果も変わってきて、後の人生に大きな差をもたらすことになる。

また、変化するためには、一度立ち止まる必要がある。

ときには、全く状況が動かなくなり、不安を覚えることもあるだろう。

それは変化の兆しなので、無理に物事を動かそうとせず、回り道でもいいので、ゆっくりと一歩ずつ、足元を確認しながら進むこと。

特に、2020年の前半は、耐えるべき場面が多くなりそうだ。

それでもあきらめることなく、ごまかすこともなく、やるべきことを淡々とこなし、チャンスを待とう。

苦難に立ち止まり、生活に停滞を感じる一方で、これまでにない新しい動きが生じる可能性を持った一年。

停滞という「静」も、周囲のもたらす「動」も、どちらも味わい尽くして、さらなる人格向上に向け、一歩ずつ歩みを進めることを考えよう。

【家庭運】家族の絆を強める努力を

2020年は家庭でも変化の多い一年。子どもの結婚や転勤など、生活が一変するような環境になる人もいるだろう。

しかし、それらは全て今後の人生に吉をもたらすので心配しないように。

また、離れて暮らす家族ができることによって、会いに行くついでに旅行をしたり、夫婦水入らずの時間を大切にしたり、変化を楽しむ気持ちを忘れないこと。

また、家族の中での変化が多いからこそ、家で過ごす時間を充実させるよう心がけたい。

家族の誕生日にはケーキを買って帰り、休日には鍋を囲んですき焼きを食べる。

小さな幸せを大切にすることが、家族の絆をより深めるだろう。

リフォームを考えている人は、バリアフリーや床暖房を導入するのもおすすめ。

その際、女性の意見を中心に進めると、ほとんどの場合が吉となる。

【健康運】足元の冷えに注意

腰痛や関節痛が出やすい年。

痛みが出たらマッサージではなく、整体が効果的。

自宅でできるストレッチを覚えるのもおすすめだ。

また、腎臓機能が低下すると腰痛が生じやすいので、温かい食事や飲み物を取ること。

一白水星は冷え性の人が多いので、体調不良を感じたら、足浴や足つぼマッサージなど、足元のケアを心がけたい。

【おしゃれで開運】

大胆なイメージチェンジが開運のポイント。

自分1人では似たものを選びがちなので、身近な人に洋服を選んでもらったり、いつもとは違う店でコーディネート!してもらうのもおすすめ。

ピンクやオレンジ系のストール、日傘を取り入れると運気が上がる。

テーマカラー

ベージュ、アイボリー、黄色

ラッキーカラー

ゴールド、シルバー、ピンク、オレンジ

ラッキーフード

春巻

生まれ年から本命星を探す

1912p068_02.jpg

2020年社会運勢学で読み解く!『展望と開運2020年』その他の記事はこちら

 

<教えてくれた人>
社会運勢学会理事
山口知宏(やまぐち・ともひろ)さん

経営コンサルタント。社会運勢学の第一人者・村山幸徳氏に師事。社会・政治・経済など、現在の時勢を気・易・社会運勢学の観点から論じるスタイルに定評があり、年間150本以上の講演を行う。

1912p067_01.jpg

『展望と開運2020』

(村山幸徳(むらやま・ゆきのり)/KADOKAWA)

2020年の展望をはじめ、九星全ての生き方や開運方法をまとめた究極の人生指南書。

この記事は『毎日が発見』2019年12月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「趣味」のキーワード

PAGE TOP