1分間英語でTokyo案内「ドジョウ鍋はドジョウを生きたまま調理します」

pixta_37877309_S.jpg2020年に向けて、ますます増え続けるであろう外国人観光客。彼らを「おもてなし」するツール、それが英語です。
東京をガイドする英文を紹介する本書『東京を1分間英語で案内できる本』で、あなたも知的に、楽しく「英語で東京案内」してみませんか?

※この記事は『東京を1分間英語で案内できる本』(リサ・ヴォート/KADOKAWA)からの抜粋です。

◇◇◇

前の記事「1分間英語でTokyo案内「東京と大阪の桜餅の違いは?」(36)」はこちら。

 

ドジョウ鍋
Local specialty 4 -Dojou(Loaches)

One of the oldest still-in-business restaurants in Tokyo opened it's sliding doors for business back in 1801. The restaurant, Komagata Dozeu, serves pond loach, an eel-like freshwater fish.

It can be eaten in many ways―deep fried,grilled on a skewer, or most commonly, in a hot pot. Dojou, or loaches, are soaked in sake then put inside a hot pot alive. They naturally make a commotion at first, but soon quiet down shortly afterwards. Remove the hotpot lid and it's time to eat!

 

~覚えておきたい語句・表現~
loach ...... ドジョウ
still-in-business  ...... 現在も営業している
sliding doors ...... 引き戸
serve ...... (食べ物)を提供している
eel ...... ウナギ
skewer ...... 串
hot pot ...... 鍋料理、煮込み料理
soak ...... ~を漬ける
alive ...... 生きたまま
commotion ...... 騒ぎ
lid ...... ふた

 

【和訳】
東京で今も営業している老舗の1つが開店したのは、1801 年のことです。この店、「駒形どぜう」が出しているのは、ウナギに似た淡水魚のドジョウです。

調理方法はたくさんあり、揚げたり、串焼きにしたりする方法もありますが、一番多いのは土鍋料理です。ドジョウを日本酒に漬け込み、熱い土鍋の中に生きたまま入れます。ドジョウは当然のことながら最初は暴れますが、その後すぐに静かになります。すぐに土鍋のふたを外せば食べ頃です。

 

★ワンポイント解説
素材を生きたまま食べたり、調理したりする料理は日本にたくさんあります。エビの踊り食いや刺身の活き造りは有名ですよね。

 


【会話で東京案内】

A:Does the fish we order come out of that aquarium next to the entrance?
私たちが注文する魚は、入り口の横の水槽から来るの?

B:Probably.
たぶんね。

A:Well, it will be fresh but I'm not sure I can enjoy it after seeing it swimming around right before my eyes a short while ago.
じゃあ、活きがいいんだね。でも少し前に目の前で泳いでいるのを見た後だと、おいしく食べられるかどうかわからないな。

B:I know what you mean.
気持ちはわかるよ。


 

次の記事「1分間英語でtokyo案内「東京と関西の「つゆ」の違い」(38)」はこちら。

 

リサ・ヴォート

米国ワシントン州生まれ。メリーランド州立大学にて「A.A.日本研究」「B.S.経営学」を、テンプル大学大学院にて「TESOL修士」を修める。現在、明治大学特任教授、青山学院非常勤講師。NHKラジオ語学番組や日本テレビ『世界一受けたい授業』などに出演。また、世界50ヶ国以上を旅するフォトグラファーとして活躍。主な写真集・著書は『東京を1分間英語で案内できる本』(KADOKAWA)、『WHITE GIFT』(木耳社)、『魔法のリスニング』『魔法の英語耳づくり』(共にJリサーチ出版)、『ポジティブ英語メモ』(実業之日本社)など多数。

71Jtb+gIBYL.jpg

『東京を1分間英語で案内できる本』

(リサ・ヴォート/KADOKAWA)

「東京ってどんなところ?」の質問に答えられる! 英語で説明しにくい東京の文化や歴史も学べ、東京の30か所以上の街&名所も案内できる日英対訳の東京ガイド。豊富な英文フレーズも掲載されているので、日常会話も上達します。CD音声では、本文の英語をネイティブの発音で収録。

 

週3日、LINEでオススメ記事が届く!

この記事は書籍『東京を1分間英語で案内できる本』からの抜粋です。
PAGE TOP