体が冷えていると仕事の効率に悪影響! 唐辛子&生姜で寒い季節の冷え対策を

pixta_31772022_S.jpg


タバスコソースでおなじみのマキルヘニー社が「体の冷えと辛い物」に関する意識調査をしました。全国の20~50代の男女計10,000名を対象に行われ、そのうち「体の冷えを感じることがある」と答えた人は70.1%に上りました。さらに、81.8%の人が体が冷えていると「仕事の効率に影響がある」と答えています。寒くて縮こまりがちな冬の生活を向上させるポイントは、しっかりと身体を温めることにありそうです。

男性は半分以上、女性は8割の人が冷えを感じている

同調査で冷えを「いつも感じる」「時々感じる」と答えた人の割合は、男性55.5%・女性84.8%という結果となりました。一般的には女性の方が冷えに弱いと考えられがちですが、男性も半数以上の人が冷えを感じているようです。


d30632-1-773552-0.jpgマキルヘニー社「体の冷えと辛い物」に関する意識調査より

「体のどこに冷えを感じますか?」という質問では、最も多い回答が「足先」で89.2%、次が「手先」で71.1%でした。また、女性の23.8%は「お腹」に冷えを感じると答えています。

d30632-1-615646-4.jpgマキルヘニー社「体の冷えと辛い物」に関する意識調査より

体は寒さを感じると、重要な臓器のある中心部に血液を集めるようになります。そのため末端の手足は血液が行き渡りにくく、冷えを強く感じやすいのです。体は温かくても手足だけはいつも冷たい「末端冷え症」になってしまうと、貧血やめまい・不眠などの体調不良が起こりやすくなり、むくみや肌荒れなど美容にも悪影響を与えます。

寒い冬を乗り切るには唐辛子や生姜紅茶がオススメ

冷え対策には、適度な運動や、体を温める食べ物を摂ることが大切です。ピリッと辛い唐辛子には、カプサイシンという血行促進効果のある成分が含まれています。他にも脂肪燃焼や、疲労回復・便秘解消など、さまざまな健康効果もあるんです。

また、生姜を温めるとできる「ショウガオール」にも、血のめぐりを良くして内側から体を温めてくれる効果があります。納豆や味噌、チーズなどの発酵食品も、体の代謝を促進してくれますよ。

pixta_2766405_S.jpg


飲み物では、茶葉を発酵させた紅茶がオススメです。紅茶に生姜を入れた生姜紅茶は、冷えの改善だけでなく、免疫力アップや抗酸化作用も期待できます。こうした体を芯から温める食べ物や飲み物で、寒い冬を元気に乗り切りましょう。

文/大内なつき

PAGE TOP