指先までポカポカ♪ ひじを伸ばして血流を促進!「手首ブラブラストレッチ」

まだまだ寒い季節、指先の冷えが気になることはありませんか? 今回ご紹介するのは、指先の血流を促進し、冷えや手首の柔軟性をアップするストレッチ。リンパティック・ストレッチの考案者・前新マミさんに日常生活の中で酷使されている手指に注目した「手首ブラブラストレッチ」を教えてもらいました。

2102_P070_01.jpg

指先の毛細血管まで血流を促進

指や手首は日常生活の中で酷使されている部位です。

また更年期以降、女性ホルモンが減少すると指や手首にこわばりを感じる人も多いようです。

手先が自由に動くと物を握るだけでなく、家事をはじめさまざまな作業、スマホの操作等々、あらゆる日常生活をスムーズに行うことができます。

今月は働き者の手首や指先に注目して、ストレッチで血行を促進しましょう。

腕を上げて動かすので体全体も温まってきます。


手首ブラブラストレッチ
★指先の血流促進
★指先の冷え改善
★手首の柔軟性アップ

ひじは必ず伸ばして行いましょう。そうすると効果が最大限に得られます。

①姿勢良く立ち、指を開き、てのひらを内側にして腕をまっすぐ前に伸ばします。

2102_P071_01.jpg

<②~④を2回繰り返します>

②内・外にブラブラ
内・外と8回、ブラブラと手首を振ります。

2102_P071_02.jpg2102_P071_03.jpg

▼NG

ひじが緩んだり、背中が丸まらないように注意!2102_P071_04.jpg

③上・下にブラブラ
てのひらを下に向けて腕を前に伸ばしたら、上・下と8回、ブラブラと手首を振ります。

2102_P071_05.jpg2102_P071_06.jpg

④上・下にブラブラ
てのひらを上に向けて腕を前に伸ばしたら、上・下と8回、ブラブラと手首を振ります。

2102_P071_07.jpg2102_P071_08.jpg


指は握るのが得意
ときには逆方向にストレッチを

何かの作業をするとき、必ず手の指は内側に曲がります。

物を握る、つかむという大切な役割があるので、握る動作が得意です。

握る強さには左右差があったり、年齢とともに握力も落ちていきます。

指も筋肉と関節によって動かされているので、握る方向にばかり使うのではなく、ときには逆の方向に伸ばすようにストレッチします。

筋肉がちゃんと伸縮すれば動きが滑らかになります。

2102_P070_02.jpg

てのひらを上に向けて腕を前に伸ばします。反対の手で親指以外の指を握り、手首を反らせるように自分の方に向かって指を引き寄せます。両手を行います。

【まとめ読み】寝たままOK♪「リンパ体操」記事リスト

取材・文/石井美佐 撮影/藤田浩司 ヘアメイク/ange イラスト/小沢陽子

 

前新マミ(まえあら・まみ)さん

1950年、北海道函館市生まれ。バレリーナ、プロダンサーとして活躍。メンテナンスのためのリンパティック・ストレッチを考案。著書に『寝たままスッキリ! リンパ体操』(高橋書店)他。

この記事は『毎日が発見』2021年2月号に掲載の情報です。
PAGE TOP