認知症を遠ざけるために! 「手書きで日記をつける」ススメ

50歳を超えると特に気になる「将来の認知症」。年齢とともに認知症になるリスクは上がり、65歳以上では7人に1人が発症するというデータがあります。そこで、日本認知症予防学会理事長の浦上克哉先生に教えていただいた「認知症を防ぐための12の方法」の1つ、「日記をつける」効果についてご紹介します。

2009_P035_03.jpg

【認知症を防ぐ方法⑫】日記をつける

認知症になると、一般的な「もの忘れ」とは異なり、昔の出来事は覚えていても、最近、自分が体験した出来事を忘れて、思い出せなくなることがあります。

日記を毎日、書く習慣をつけることで、「あとでこの体験を日記に書かなくては」と、脳が意識するようになり、記憶力の改善につながりやすくなります。

日記を書くときはその日一日を振り返るため、場所や時間を明確に認識する力も鍛えられます。

手書きをする作業は、文字を書いたり、忘れた漢字を辞書で調べたりして、手と脳を働かせることにもなるのです。

また右のポイントも意識しながら書いてみます。

「今日の出来事を今日のうちに書かないで、あえて2、3日後に思い出して書くようにすれば、脳がさらに鍛えられます」と浦上先生。

《日記を書くときのポイント》
・パソコンを使わず必ず手書きで。
・専用の日記帳を用意する。
・映画や本などの感想を書いてもよい。
・1カ月後ぐらいに読み返してみる。

【まとめ読み】特集「認知症を防ぐ12の方法」記事リスト

取材・文/松澤ゆかり 撮影/木下大造 イラスト/落合 恵

 

<教えてくれた人>

日本認知症予防学会理事長
浦上克哉(うらかみ・かつや)先生
鳥取大学医学部保健学科生体制御学講座環境保健学分野教授。医学博士。日本認知症予防学会理事長。著書は『認知症&もの忘れはこれで9割防げる!』(三笠書房)など。

shoei.jpg

認知症&もの忘れはこれで9割防げる!

浦上克哉三笠書房

今回の特集で認知症を防ぐ12の方法を教えてくださった浦上先生の著書。「好きなことや楽しいことで”脳の控え選手”を鍛える」「体を動かしながら頭を使う」「旅先で新しい体験と感動に出合う」など、認知症予防の方法が詰まった、わかりやすい一冊です♪

この記事は『毎日が発見』2020年9月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP