横書きの書類が読みづらい...「速いヨコ」の目の体操/小脳を鍛える体操(1)

「ぐるぐる」「ふわふわ」と起こるめまい。決して特別な症状ではなく、誰にでも起こり得るものです。めまいの原因を理解して、自分の症状に合った体操を行うことで改善することができます。横浜市立みなと赤十字病院 めまい・平衡神経科部長の新井基洋(あらい・もとひろ)先生に、小脳を鍛える目の体操を教えていただきました。自分のタイプに合った体操を、記憶に残るよう「声を出して繰り返し」行ってみてください。

【目の体操】速いヨコ

横書きの本や書類が読みづらいなど、「目線を急に左右に動かしたときのめまいやふらつき」を改善します

こんな症状の人:震度8くらいの激しいめまいが1回だけ起こり、ふらつきが残るタイプ/めまいではなく、ふらつきがあり、足が地についていない感じがするタイプ
行う目安:1回10往復

①体操を始めるポーズをとる

2005p052_01.jpg

両腕を肩幅の広さで前に出し、親指を立てます。目線はまっすぐ前を見ます。

2005p052_04.jpg

爪に印をつける
親指の爪が目で追えるように、シールやマニキュアで印をつける。

②目線を右の親指の爪へ

2005p052_02.jpg

顔は前を向いたまま、目線だけを動かして右の親指の爪を見ながら「いち」と大きな声で数えます。

③目線を左の親指の爪へ

2005p052_03.jpg

目線だけを動かして左の親指の爪を見て「に」と声に出して数えます。②と③を繰り返し行います。

NGポーズ
2005p052_05.jpg

両腕は肩幅より広げ過ぎないようにします。狭過ぎるのもよくありません。

めまい体操の回数の目安と覚えておきたい注意点

  • 体操は朝の起床時と夕方から夜にかけて、1日最低2回は行います。
  • 嘔吐などを避けるため、食前に行いましょう。
  • 首の具合が悪い人は無理に行うのは避けます。
  • 途中でめまいが起きたら休憩し、症状が軽減したら再開します。
  • 激しいめまいや頭痛、しびれが出たら体操を中止して受診します。

【まとめ読み】特集「自分で治す『めまい』『ふらつき』」記事リスト

取材・文/松澤ゆかり 撮影/齋藤ジン イラスト/ノグチ・ユミコ モデル/永谷佳奈

 

新井基洋(あらい・もとひろ)さん
横浜市立みなと赤十字病院 めまい・平衡神経科部長。北里大学医学部卒。日本めまい平衡医学会専門会員・評議員。著書は『9割のめまいは自分で治せる』(中経の文庫)など。

shoei.jpg

9割のめまいは自分で治せる

(新井 基洋/KADOKAWA、中経出版

今回、めまいへの対処法を教えてくださった新井先生の著書。先生の長年の実績に裏付けられたリハビリ体操が12種類紹介され、自宅でもできるようにイラスト入りでわかりやすく解説されています。めまいに悩んでいる方々の不安や恐れといった心のケアやめまいと上手に付き合うコツなど、先生の指導内容のエッセンスが詰まった一冊です。

この記事は『毎日が発見』2020年5月号に掲載の情報です。
PAGE TOP