タオルを使って肩甲骨周りのストレッチ!「腕を揺らしてほぐす体操」

血流の悪化や筋肉の緊張で引き起こされるつらい肩こりや腰痛。実は猫背と自律神経の乱れが原因だそうです。今回は医学博士である松平 浩(まつだいら・こう)先生に辛い肩こりをほぐす体操を教えていただきました。

肩甲骨周りのストレッチ「腕を揺らしてほぐす体操」

伸縮性のある長めのタオルやマフラーなどを使い、両腕を後ろに回して肩甲骨の動きを良くします。

用意するもの
・タオル
・マフラー
・縄跳び など

行う目安
・4の動作×各6~8回

①タオルを持つ
両手でタオルを肩幅よりも広めに持ち、両腕を曲げてゆったりと立ちます。

2003p032_01.jpg

②タオルを上に上げる
タオルを持ったまま両腕を伸ばし、ゆっくりと頭の上に持ち上げます。タオルはピ~ンと伸ばします。

2003p032_02.jpg

③後ろに回す
そのまま呼吸を止めずに両腕をゆっくりと後ろに回します。タオルを強く引っ張らないように。

2003p032_03.jpg

④腕を上下に揺らす
肩のあたりまで両腕を下ろし、腕を上下に揺らします。揺らし方は無理なく動かせる範囲で行います。

2003p032_04.jpg

体操する前に行って!【基本形】肩ほぐし

肩こり体操を始める前に行う基本の体操。

全身がほぐれるので、体が動きやすくなります。

行う目安 :体操の前に準備運動として数回行う

2003p030_01.jpg

① 肩を上げる(※無理をせずに肩が上がるところまで)
鼻から大きく息を吸いながら両肩を上に上げます。このとき腕に力が入らないようにしましょう。

② 肩を下ろす
息を吐きながら上に上げた両肩をストンと下ろし、体の力も同時に抜くようにします。

取材・文/松澤ゆかり 撮影/西山輝彦 モデル/永谷佳奈

なんとかしたつらい肩こり。『肩腰ほぐし体操』の記事はこちら

 

医学博士
松平 浩(まつだいら・こう)先生

東京大学医学部附属病院22世紀医療センター運動器疼痛メディカルリサーチ&マネジメント講座長、特任教授。医学博士。著書は『3秒から始める腰痛体操&肩こり体操』(NHK出版)など。

youtsu.jpg


『3秒から始める 腰痛体操 & 肩こり体操』

(松平 浩/NHK出版)

今回の「10秒でできる肩腰ほぐし体操」を教えてくださった松平先生の著作。

「たった3秒、これだけでOK」という画期的な「腰痛これだけ体操」をはじめ、いずれも手軽なおすすめの体操が紹介されている、とても分かりやすい一冊です。

この記事は『毎日が発見』2020年3月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP