親友だと思ってたのに。「ブラック企業」を辞めた彼女の新生活のため、喜んで貸したお金が...

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:イチロウ
性別:女
年齢:43
プロフィール:旦那と子供2人をもつ、ワーママです。

30.jpg

学生の時からの友人で、同郷の同級生がいます。

田舎を離れ、都会で自立するために頑張っていました。

私も同じように田舎を離れ、一人都会で頑張ってます。

だからお互い応援し合う仲ですし、相談にものっていました。

彼女は化粧品や化粧品器具を販売する会社の社員で、口コミで販売するような仕事と聞いていました。

彼女はとても明るく人当たりのイイ性格なので、成績もよかったようです。

数年は快調に仕事をこなし生活していましたが、ある時から私を含め同級生の友人たちに頻繁に連絡をとるようになりました。

その内容は化粧品や器具を買ってくれないか、というものでした。

執拗に連絡をしては、売りつけようとする......。

異常に感じるくらい性格が変わっていたのです。

私は彼女はそんな人間ではないと思っていたので、実際に会って会社でどんな仕事をしているのか聞いてみることにしました。

その内容を聞いて驚きました。

販売方法などのセミナーが月何回かあって、しかも山奥のお寺みたいなところで、何時間も話をきかされるようです。

まさに洗脳です。

そしてそのセミナーが終わると...「売らないとヤバいことになる、売らないと殺されてしまうかも...」とまで思ってしまうようなのです。

それが彼女を変えた会社の内情でした。

私は冷静に、ただ洗脳されて会社に利用されているだけだと説得しました。

彼女はしばらくして会社を辞めました。

会社を辞めてしばらくすると連絡がありました。

生活を変えたいから引っ越し資金を貸してほしいとのことでした。

私は、彼女が生活を変えようとしていることを喜ばしく思い、協力したいと思いました。

だから二つ返事でお金を貸しました。

3カ月後には全額返すことだったので......。

約束の3カ月後、連絡はありません。

身内ならともかく、他人に金銭の催促がこんなにもしづらいものだとはじめて知りました。

親友と思っていたから、なおさら聞きづらかったんだと思います。

しばらくすると連絡が入りました。借りたお金を分割で返すとのこと。

仕方ないので了承し待つことにしました。

ですが、一度約束を破った人は...その先も守りません。

今まで会社や仕事の相談にのり、とてもつらい経験をしてきた彼女だから力になりたくて貸したお金なのに、こんなことになっていまい、とても悲しかったです。

その後、毎月連絡をこちらから入れ、当初の約束とは違いますが分割にて何とかお金は回収しました。

でも、本当は回収なんてしたくはありません。

彼女の意志で返済してほしかったです。

その友人とは何年間か連絡をとらなくなりました。

しかし、しばらくすると結婚するとの連絡を受け、式には出席したものの距離は置くようになってます。

そして彼女は旦那さんの転勤のため地方へ引っ越しました。

それからは何年も会ってもいません。

親友だったはずの私との約束すら守ることが出来なかった彼女。

今後はきちんと対人関係を築ける事を祈りつつ、親友と思えなくなってしまった寂しい想いとともに、この文章を書きました。

■おすすめの体験記
これって私たちのお金では? 経済的援助をしている義母からの出産祝いを素直に喜べない
節約、我慢を知らない母。借金があっても贅沢を続けて自立してくれない
「あそこは息子が金を出した」友人と比較して旅行費用をせがんでくる義両親

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP