もしかして使い過ぎ? 美肌のために必要な「スキンケア用品」の数

シミ、シワ、ほうれい線...毎日鏡を見るのが怖い。多くの人が抱える顔の肌の悩みには、「顔の筋トレが必要」と話題のサロンを運営する那賀洋子さんは言います。そこで、那賀さんの著書『マイナス15歳肌をつくる 顔筋(がんきん)ひっぺがしメソッド』(あさ出版)から、肌本来の力を呼び起こしてトラブルを解決する「顔のマッサージ法」を連載形式で紹介します。

pixta_53953655_S.jpg

「保湿クリーム」の落とし穴

あなたは、朝起きてから夜寝るまで、いくつのスキンケア用品、化粧品を使っていますか?朝起きて、洗顔料を使って顔を洗い、そのあとに、化粧水、乳液、日焼け止め、下地クリームにファンデーション......。

夜は、メイク落としに洗顔料、化粧水に美容液、乳液、オイル。

さらにはポイント別のクリームを重ね塗り......。

それでもなお「乾燥する」と嘆いている方はたくさんいらっしゃいます。

これは、明らかに「塗りすぎ」です。

私が「マイナスケア」(肌の負担が少ない最低限のケア)にシフトしてから十数年が経ちますが、スキンケアに使うのは真皮層に栄養を与えるための美容液と肌に必要なうるおいを与えるための化粧水のみです。

肌に悩みがないのでファンデーションも使いません。

メイクはほとんどポイントメイクのみ。

肌のうるおいを必要以上に落とすダブル洗顔もしません。

こんなシンプルなスキンケアで満足できるようになったのは、顔筋ひっぺがしメソッドで、肌の自己回復力が戻ったからです。

日本人は乾燥肌の方がとても多く、保湿さえしていれば大丈夫と思っている方が多いようですが、それは間違いです。

保湿成分を与えることよりも、肌がもともと持っている、自分の力でうるおう力を育むべきです。

スキンケアでは水分のうるおいが重要だとお話ししましたが、次に気を付けなければいけないのが、乾燥を防ぐとされる「油分」の過剰塗布です。

油分の多いスキンケア用品は、肌に蓋をしてしまうので、皮膚呼吸の妨げになります。

それを知らず、油分たっぷりのクリームを毎日塗っているようでは、肌の自己回復力は衰える一方で、乾燥肌が根本的に改善されることはありません。

もっとも不必要なのは、オイルが主成分のナイトクリームや油分がたっぷり配合されているオイルです。

顔筋ひっぺがしを実践する際に、「普段、スキンケアにオイルを使っているので、ジェルではなく、オイルを使ってもいいですか?」と聞かれることが多いのですが、このときも「オイルは絶対に使わないでください」と、答えています。

肌に必要な油分は、わざわざ化粧品で与えなくても、肌が自らつくり出すことができます。

油分を外から与えたり、洗いすぎにより奪ってしまうケアは、肌を甘やかし、肌が本来持っている元気になる力を低下させることにつながります。

顔筋ひっぺがしメソッドをマスターすれば、スキンケア用品を何種類も使わなくても、肌は本来の力でうるおうようになり、着実にキレイになっていきます。

そうなれば、あなたのスキンケア用品や化粧品の数は、自然とどんどん減ることになるでしょう。

美肌&小顔になれる!『顔筋ひっぺがしメソッド』記事リストはこちら!

075-gankin-syoei.jpg他にも、お肌のトラブルを解消できる全4種の「顔筋ひっぺがしメソッド」が紹介されています。QRコードから動画解説を見ることも

 

那賀洋子(なか・ようこ)

大分県出身。筋膜美容協会理事長。肌の自己回復力を取り戻す「顔筋ひっぺがしメソッド」を独自開発し、大分県でサロンを開業。2015年には東京・麻布十番にもサロンをオープンする。『魔女たちの22時』(日本テレビ系)などに出演。『美ST』(光文社)や『クロワッサン』(マガジンハウス)など数多くのメディアに取り上げられる。

shoei.jpg

『マイナス15歳肌をつくる 顔筋(がんきん)ひっぺがしメソッド』

(那賀洋子/あさ出版)

シワ、たるみ、毛穴のくすみなど、年齢を重ねるごとに増えるお肌の悩み。そのほとんどが1日1回の顔の筋トレ「顔筋ひっぺがしメソッド」によって解決できます。癒着した顔の筋膜をひっぺがし、美しいお肌に。効果を最大限に引き出す秘密のスキンケアも紹介されています。

※この記事は『マイナス15歳肌をつくる 顔筋(がんきん)ひっぺがしメソッド』(那賀洋子/あさ出版)からの抜粋です。
PAGE TOP