胃潰瘍にはまず「漢方」ストレス性の病気は中医学治療が効果大

通院しても、薬を飲んでも、なかなか完治しない病気...それはもしかしたら、そもそも「西洋医学の治療」では治すことが難しいのかもしれません。そこで、中医学(中国伝統医学)を取り入れ、数多くの難病治療に当たってきた医師・岡部哲郎さんの著書『西洋医学の限界 なぜ、あなたの病気は治らないのか』から、中医学による「代替医療」という考え方について、連載形式で紹介します。

pixta_59038153_S.jpg

胃潰瘍の治療は中医学の独壇場

胃潰瘍は中医学に任せろ

ストレスがおもな発症原因になっている病気も、中医学は得意にしています。

とくに胃潰瘍や十二指腸潰瘍などは、西洋医学には不向きのジャンル。

はっきり申し上げて、中医学の独断場です。

胃潰瘍や十二指腸潰瘍は、ストレスで血管がキュッと締まり、胃腸の細胞が酸欠を起こすことによって発症します。

ストレスを抱えると、緊張して全身が縮こまりますよね。

もちろん、筋肉だけでなく血管も収縮する。

すると、血液がスムーズに流れなくなり、酸素がその先の組織に届きづらくなる。

結果、細胞が酸欠状態になって死滅し、出血する。

これが、漢方医学における胃潰瘍や十二指腸潰瘍の起こる仕組みです。

治療法は、なにはともあれ血液の流れを良くすることであり、まずは縮こまった血管を広げてあげることが重要になります。

血管を広げること自体は、西洋医学の薬を使っても、漢方薬を使っても行えますので、両者に大きな差はありません。

が、問題はその先にあります。

西洋医学の薬では不十分

西洋医学では、麻酔をかけることによって胃壁の平滑筋を麻痺(弛緩)させ、血管を広げる治療法を採用します。

でも、それだけでは不十分。

血管を広げるだけで、血流を良くすることまではできないからです。

ここが西洋医学の限界。

薬によって胃潰瘍や十二指腸潰瘍を治すことはできません。

一方、漢方薬ならば血管を広げることだけにとどまらず、血液の流れをスピードアップさせることができます。

適切な漢方薬を服用することによって、血管が広がり、血流が良くなり、胃腸に十分な酸素が行き届くようになり、潰瘍がみるみるうちに小さくなり、痛みを感じなくなっていくのです。

西洋医学で使う麻酔は、言うなれば麻薬で、受けるダメージは大きい。

漢方薬ならば、きちんと治るうえに副作用もほとんどない。

どちらを選ぶかについて、あえて言及する必要はないでしょう。

中医学に難病克服の可能性が見える『西洋医学の限界』記事リストはこちら!

078-seiyoigaku-syoei.jpg医師が病気を治せない15の理由や中医学に頼るべき8つの病気など、西洋医学と中医学の違いが徹底解説されています

 

岡部哲郎(おかべ・てつろう)

1948年、群馬県生まれ。医師。東京大学大学院医学部客員研究員。「岡部漢方内科」院長。東京大学医学部に入学し、同大病院にて当時最先端の抗がん剤研究・開発に約20年間携わる。一定の成果が出たところで、漢方医・林天定一門に師事。現在は西洋医学をベースに中国伝統医学による自由診療を行い、根治不可能な難病の治療にあたる。

shoei.jpg

『西洋医学の限界 なぜ、あなたの病気は治らないのか』

(岡部哲郎/アスコム)

「緑内障」は完治可能、「Ⅱ型糖尿病」はコントロールできる――西洋医学では困難な治療でも、中医学なら実現できる可能性があります。現代西洋医学の抱えている問題とともに、中医学の考え方、漢方薬での治療例がまとめられた、難病克服を目指す人への新しい処方箋です。

※この記事は『西洋医学の限界 なぜ、あなたの病気は治らないのか』(岡部哲郎/アスコム)からの抜粋です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP