美肌や小顔効果に加え、脳のデトックスにも⁉「顔の筋トレ」で変わること

シミ、シワ、ほうれい線...毎日鏡を見るのが怖い。多くの人が抱える顔の肌の悩みには、「顔の筋トレが必要」と話題のサロンを運営する那賀洋子さんは言います。そこで、那賀さんの著書『マイナス15歳肌をつくる 顔筋(がんきん)ひっぺがしメソッド』(あさ出版)から、肌本来の力を呼び起こしてトラブルを解決する「顔のマッサージ法」を連載形式で紹介します。

pixta_22623393_S.jpg

顔筋ひっぺがしでこう変わる!

顔筋ひっぺがしは、年齢、性別問わず、誰もが簡単にできて、健康的に美しくなれるマッサージです。

1回の施術でも効果は表れますが、さらに継続することで、美肌や小顔が手に入ります。

顔筋ひっぺがしによって、多くの方が実感したことの一部をご紹介いたします。

● 保湿をしなくても肌がうるおってツヤが出るようになった
● むくみがとれて、あごのラインがシャープになった● まぶたが引き上がって、目が大きくなった
● 鼻筋が通って顔にメリハリが出た
● 肌質が改善された
● シミが薄くなった
● 肌に若々しいハリ感が出た
● 二重あごが解消された
● くすみが気にならなくなった
● ほうれい線やシワが薄くなった
● コケた頬や痩せた唇がふっくらした

これ以外にも、私自身も予想をしていなかった数多くの効果が報告されています。

たとえば、「長年悩まされていた頭痛が治った」「歯茎がピンク色になった」「薄毛が治った」「顎関節症が治った」など、数々の事例が私を驚かせてくれます。

さらに、顔筋ひっぺがしを行うことは、脳のデトックスにもつながります。

顔の筋膜は頭皮にもつながっているので、顔の筋膜の一部が癒着すると、頭部全体の筋膜がつっぱってしまい、頭蓋骨に歪みが生じてしまうことがあります。

頭蓋骨に歪みが生じると、左右の輪郭がアンバランスになり顔が大きくなるだけでなく、血流が妨げられ、脳に新鮮な血液が送られず、記憶力や判断力の低下、認知症のリスクが上がるなどの支障をきたすこともあります。

脳のデトックスにも、顔筋ひっぺがしはとても効果的なのです。

顔の筋膜の癒着をとって美筋膜を目指せば、頭の骨や筋肉も本来の位置に収まり、勘が冴え渡るといったスッキリ感を味わうことができます。

このように、顔筋ひっぺがしは小顔効果や肌トラブル解消のほかにも、数多くの効果が期待できます。

美肌&小顔になれる!『顔筋ひっぺがしメソッド』記事リストはこちら!

075-gankin-syoei.jpg他にも、お肌のトラブルを解消できる全4種の「顔筋ひっぺがしメソッド」が紹介されています。QRコードから動画解説を見ることも

 

那賀洋子(なか・ようこ)

大分県出身。筋膜美容協会理事長。肌の自己回復力を取り戻す「顔筋ひっぺがしメソッド」を独自開発し、大分県でサロンを開業。2015年には東京・麻布十番にもサロンをオープンする。『魔女たちの22時』(日本テレビ系)などに出演。『美ST』(光文社)や『クロワッサン』(マガジンハウス)など数多くのメディアに取り上げられる。

shoei.jpg

『マイナス15歳肌をつくる 顔筋(がんきん)ひっぺがしメソッド』

(那賀洋子/あさ出版)

シワ、たるみ、毛穴のくすみなど、年齢を重ねるごとに増えるお肌の悩み。そのほとんどが1日1回の顔の筋トレ「顔筋ひっぺがしメソッド」によって解決できます。癒着した顔の筋膜をひっぺがし、美しいお肌に。効果を最大限に引き出す秘密のスキンケアも紹介されています。

※この記事は『マイナス15歳肌をつくる 顔筋(がんきん)ひっぺがしメソッド』(那賀洋子/あさ出版)からの抜粋です。
PAGE TOP