驚きのプロ仕様!肉汁ジュワッの「なすバーグ」レシピ

気温差や暑さ、湿度の高さなど、何かと体力を奪われるこれからの季節。疲れた時こそしっかりとした食生活を......と思いながらも、でもあんまり食欲もないし、とついつい軽い食事で済ませてしまいがちです。

そんな時でも食べやすい、ジューシーでボリュームがあるのにさっぱりと食べられる画期的なハンバーグを発見しました。『3分クッキング』6月号の特集「ふっくら、しっとり ひき肉のおかず」に掲載されている、「なすバーグ デミグラスソース」です。

肉だねに水分を多く含むなすを加えることで、重くなりすぎず、それでいてジューシーさはアップします。また、なすには特有のポリフェノール「ナスニン」が含まれているため、老化防止や美容効果も期待できます。カリウムも豊富で熱を逃がしてくれるので、これからの季節にぴったり! 早速、実際に作ってみました!
 

料理写真.JPG肉だねとつけ合わせになすをダブル使い
「なすバーグ デミグラスソース」

<材料>(4人分)
なす......4個
肉だね
 合びき肉......400g
 玉ねぎ......1/2個(100g)
 卵......1個
 パン粉......1/3カップ
 牛乳......大さじ2
 塩......小さじ2/3
 粗びき黒こしょう......少々
ソース
 ウスターソース、トマトケチャップ、赤ワイン、水......各大さじ3
 バター......20g
パセリのみじん切り......適量

<作り方>
1. なすは2個を5㎜角に切り、水に5分ほどさらして水気を絞る。残りは4つ割りにして長さを斜め半分に切る。

2. ボウルに肉だねのパン粉と牛乳を入れてしとらせ、玉ねぎはみじん切りにし、残りの材料を加えて練り混ぜる。粘りが出たらの小角切りのなすを加えてさっと混ぜる。4等分にして空気を抜きながら小判型にまとめる。

3. フライパンに油大さじ2を熱し、残りのなすを色よく焼いてとり出す。続けて油大さじ1を足し、を入れて両面こんがりと焼く。水1/2カップを加えてふたをし、4~5分蒸し焼きにする。

4. 器にハンバーグを盛り、焼いたなすを添える。フライパンをさっとふいてソースの材料を加え、軽く煮つめてハンバーグにかけ、パセリを散らす。

 

角切りなすが肉汁をキャッチしてくれるので、口に入れるとジュワっと肉汁が広がります。特別なことはしていないのに、驚くくらいプロ仕様のハンバーグが完成します。ソースもバター入りでしっかりとしているのに、不思議なくらいくどくありません。

たまたま実家に帰省していたのですが、家族にも大好評で、一週間のうちに2回も作ることに...! 胃もたれしがちな家族も、美味しくペロッと食べちゃいました♪

がっつりとした料理は胃もたれしがち、ハンバーグがふっくらジューシーに仕上がらない......などの悩みを持っている人には、ぜひとも試してほしい一品です!

 

調理、文=きこなび(月乃雫)

 

 

715ZD6RG1-L.jpg

『3分クッキング』2019年6月号

巻頭企画は「ふっくら、しっとり ひき肉のおかず」。つくねやハンバーグ、肉だんごはふっくらジューシーに。野菜とあわせた炒めものはしっとりパラパラに。コウケンテツ先生と重信初江先生に、とびきりのひき肉おかずを教えてもらいました。ひき肉パックごと使う簡単ステーキ&すき焼き風や、応用の利く鶏そぼろ、ひき肉あん、肉みそまで、バリエーション豊富にお届けします。別冊付録は「人気料理家の玉ねぎのベストおかず50」。健康のためにもたっぷり食べたい玉ねぎのレシピ全50品を集めた保存版です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP