ミートボールに「唐ご酢玉ねぎ」インで、ヘルシー&減塩を実現!/玉ねぎ

血液がサラサラになるといわれる玉ねぎは、積極的にとりたい食材の1つ。この玉ねぎに、とうがらしと黒ごまを酢に漬けて作る「唐ご酢玉ねぎ」は、料理研究家で管理栄養士の村上祥子さんが考案したオリジナル酢。モンゴルに昔からある健康保存食「唐ご酢」に、脂肪を燃焼させるとうがらし、骨粗鬆症予防や美肌に役立つごま、疲労回復を助ける酢を1度に摂れるのが魅力です。毎日料理に活用して、健康効果をアップさせましょう!

関連記事:「酢と黒ごまで効果大。 骨粗鬆症予防や美肌に役立つ「唐ご酢玉ねぎ」の作り方/玉ねぎ(3)」

前の記事「味よし・使い勝手よし♪ 「唐ご酢玉ねぎ」のちょい足しレシピ/玉ねぎ(4)」はこちら。

 

1807p032_01.jpg「ピリ辛ミートボール」
1人分 297kcal/塩分0.4g

電子レンジで加熱したミートボールは手早くできて、揚げたときよりヘルシー。

【材料(2人分)】
豚ひき肉...150g
A 唐ご酢玉ねぎ(ざく切りにする)...50g
 片栗粉...大さじ2
レタス...1/2個
パセリ(みじん切り)...少々
B マヨネーズ...大さじ1
 牛乳...小さじ2

【作り方】
1 ひき肉にAを加え、滑らかになるまで練り、8等分して丸める。
2 耐熱皿にクッキングシートを敷き、1をのせ、ラップをして電子レンジ600Wで4分加熱する。
3 器にレタスを一口大にちぎって敷き、2をのせ、パセリをふる。Bを混ぜて添える。

 

1807p032_02.jpg「鶏肉のトマト煮」
1人分 295kcal/塩分0.8g

鶏むね肉がしっとりと仕上がります。調味料はほとんど加えなくてもおいしくできます。

【材料(2人分)】
鶏むね肉(皮なし)...200g
A 塩、こしょう...各少々
 強力粉...小さじ1
唐ご酢玉ねぎ...100g
ピーマン...2個
にんにくのみじん切り...1片分
オリーブ油...大さじ1
カットトマト...1/2缶(200g)
ローリエ...1枚
パセリ(みじん切り)...少々

【作り方】
1 鶏肉は半分に切り、ポリ袋にAとともに入れ、振って全体によくまぶす。ピーマンは種を除いて2㎝角に切る。
2 フライパンにオリーブ油とにんにくを熱し、いい香りが立ってきたら1の鶏肉を加え、両面がきつね色になるまで焼く。
3 2に「唐ご酢玉ねぎ」、トマト、ローリエを加え、混ぜながら煮て、鶏肉に火が通ったら火を止める。
4 別の鍋に3の煮汁を半量取り分け、ピーマンを加えてひと煮する。
5 器に3の残りの煮汁を敷き、鶏肉を薄切りにして盛り、4をかけてパセリを散らす。

 

次の記事「汁物にもぜひ! 「唐ご酢玉ねぎ」を足すと味に深みが出せるんです/玉ねぎ(6)」はこちら。

取材・文/石井美佐 撮影/中野正景 


村上祥子(むらかみ・さちこ)さん

料理研究家・管理栄養士。1942年、福岡生まれ。公立大学法人福岡女子大学国際文理学部・食・健康学科客員教授。同大学内の「村上祥子料理研究資料文庫」では50万点の資料が一般公開されている。

この記事は『毎日が発見』2018年7月号に掲載の情報です。
PAGE TOP