痛みの専門医が考案!手指の痛みをとる「10秒神経マッサージ」とは?

50歳ころを境に、手の痛みやしびれ、こわばりなどを訴える女性が多くなります。「年だから」と放置していると、指の変形につながることもあります。そこで、国内でも珍しい「へバーデン結節外来」を掲げ、日々、手指のトラブルに悩む人の悩みを解決している、富永ペインクリニック院長の富永喜代先生に、手指の痛みをマッサージで軽減するメカニズムを教えてもらいました。

痛みの感じ方が変化 手指の不調が改善!

「10秒神経マッサージは、体の浅い部分を走る神経を刺激することで痛みをやわらげます」と、富永先生。なぜ、マッサージで手指の痛みが軽減するのでしょう? 

「痛みを伝えている神経の〝神経ポイント〟にマッサージで物理的な刺激を与えると、その刺激が脊髄を通り脳へと伝わります。すると、脳から〝痛みを抑える物質〟や〝痛みのシグナルが伝わるのを抑える物質〟が分泌されます。痛みの情報が抑えられることで、痛みを感じにくくなるのです」(富永先生)。

手指に痛みやこわばりがあると、日々の動作に支障が出ます。10秒神経マッサージで、手指の悩みとさよならしましょう。

10秒神経マッサージで痛みが消えるメカニズム

2001p057_01.jpg

痛みを伝えている神経の「神経ポイント」を刺激する

① 刺激したシグナルが脊髄を通り、脳へと伝わる
②刺激したシグナルが脊髄を通り、脳へと伝わる
③脳から痛みのシグナルが伝わるのを抑える物質が出る
④痛みがやわらぐ

手指の動きや痛みを伝える3つの神経にアプローチ

●尺骨(しゃっこつ)神経

手首、手指を曲げる動きのほか、親指の付け根の筋肉をのぞく手の筋肉の動きに関わっています。

小指と、薬指の小指側などの痛みを伝えます。
2001p057_02.jpg

●正中(せいちゅう)神経

手首や手指を曲げるほか、親指の付け根の筋肉の動きに大きく関わります。

親指から人さし指、中指、薬指の中指側までの手のひら側の痛みを伝えます。
2001p057_03.jpg

●橈骨(とうこつ)神経

ひじの関節の曲げ伸ばし、手首をそらす、手指を伸ばすなどの動きに関わっており、手の甲側の親指、人さし指、親指の付け根などの痛みを伝えます。
2001p057_04.jpg

手のひら

2001p057_05.jpg

手の甲

2001p057_06.jpg

取材・文/笑(寳田真由美)イラスト/堀江篤史

手指の痛み、さようなら!『10秒神経マッサージ』一覧はこちら

 

<教えてくれた人>

富永喜代(とみなが・きよ)先生

富永ペインクリニック院長。 医学博士。日本麻酔科学会認定麻酔科専門医、産業医。1993年より、聖隷浜松病院などで麻酔科医として勤務、延べ2万人を超える臨床麻酔実績を持つ。2008年、クリニックを開院。

81UPfcjCy1L.jpg

『指先の激痛・腫れ・しびれ ヘバーデン結節は自分で直せる!』

富永喜代/永岡書店)1,200円+税

日本初のへバーデン結節外来を開設した痛み治療の名医が考案し、大きな治療効果を上げているセルフケア方「10秒神経マッサージ」を紹介。痛みの撃退法はもちろん、さまざまな予防・改善法まで詰まった一冊。

この記事は『毎日が発見』2020年1月号に掲載の情報です。
PAGE TOP