体幹の筋肉を鍛えてゆがみ知らず!ラジオ体操「体をねじる運動」のやり方/医師が解説!ラジオ体操(7)

「ラジオ体操」は子どもの頃に体育の準備運動などで繰り返し取り組んだ身近な体操ですが、いま改めて注目を浴びています。スポーツドクターとして多くのアスリートと関わってきた整形外科医の中村格子先生に、「力を入れるところ、伸ばすところを意識して、ストレッチ効果が高める」ラジオ体操のやり方を、連載形式で徹底解説していただきました! 7回目は「体をねじる運動」をご紹介します。

2008_P037_006.jpg

体をねじる運動

【基本の流れ】

① 足は肩幅に開き、上体を左右に2回ねじる

2008_P037_001.jpg

2008_P037_002.jpg

② 腕を左斜め上に大きく振り上げながら2回ねじる。

2008_P037_003.jpg

2008_P037_004.jpg

③ 上体を正面に戻す。

2008_P037_005.jpg

【意識するポイント】

体幹を鍛える回旋の運動です。両手の遠心力を使い、でんでん太鼓のように左右に上体をねじります。顔も腕と一緒に左右に振りましょう。骨盤とひざの位置は変えません。

2008_P037_006.jpg2008_P037_007.jpg

こんな効果が!「ゆがみのない体に」

体幹の筋肉が鍛えられ、ゆがみのない体に整えられます。内臓の動きも促進されます。

2008_P038_007.jpg

Dr. KAKUKOのアドバイス:ひざを曲げると体幹が鍛えられません

上体を左右に振るとき、かかとを上げてひざが曲がると腰の位置がぶれて効果が半減。腰を固定して上半身を回旋することで体幹が鍛えられます。

2008_P037_009.jpg

【まとめ読み】特集「大人のラジオ体操」記事リスト

モデル/中村格子 取材・文/米原晶子 撮影/齋藤ジン イラスト/祖父江ヒロコ

 

<教えてくれた人>

中村格子(なかむら・かくこ)先生
整形外科医・医学博士・スポーツドクター。Dr.KAKUKOスポーツクリニック院長。スポーツ競技のトップアスリートを支えてきた経験から、独自のエクササイズを考案。ホームページでオンライン講座を公開中。

この記事は『毎日が発見』2020年8月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP