老廃物を排出してつま先の冷えが解消!肌ツヤもよくなる簡単ヨガ「片卍のポーズ」

「いつの間にか体重が!?」「なんとなくダルい...」。何かと体に不調が現れやすい50代女性に向けて、指導歴35年のヨガインストラクター・深堀真由美さんがお薦めするのが「頑張らなくても健康になれるヨガ」。そんな深堀さんの著書『50歳からのついでヨガ』(大和書房)から、普段の暮らしの中で「ついでにできるヨガ」のメソッドをお届けします。

pixta_7875875_S.jpg

体の老廃物を一掃して冷えのぼせを解消

上半身は汗をかいているのに、つま先が冷える「冷えのぼせ」は、体の末端の血行不良が原因です。

血液やリンパ液の流れをよくして老廃物を一気に流し、全身の血流をよくして冷えのぼせを解消しましょう。

体の老廃物を排出することで、肌のツヤもよくなります。

立ち上がるついでに片卍のポーズ

095-005-058.jpg

1.正座からひざ立ちになり、左ひざを直角に曲げて真横に出して息を吐く。右ひざと左足裏は一直線上に置く。

095-005-059.jpg

2.左ひじを左ひざに乗せ、息を吸いながら右手をまっすぐ伸ばし、息を吐きながら上体を左に倒し、5呼吸キープ。反対側も同様に。

【ココに効く!】
脇の下や足の付け根にあるリンパ節を刺激して、つまりをとって老廃物を排出しやすくし、むくみを解消します。

第1回から読む:これはラクかも♪「ついでヨガ」の基本姿勢

50歳から暮らしに取り入れたい「ついでヨガ」記事リストを見る

095-H1-tsuideyoga.jpg起き上がったり、寝転んだついでにできる36のヨガポーズが紹介されています。もちろん、道具はいりません!

 

深堀真由美(ふかぼり・まゆみ)

宮城県生まれ。深堀ヨガスクール主宰、指導歴35年のヨガインストラクター。15歳でヨガを始め、短期大学を卒業後、人体全細胞をリフレッシュさせる「ブリーズィングヨガ」を提唱。インドのヨガ協会のインストラクター資格を持つ。1991年、ヨガ教室を開講以来、多数の生徒を指導する。

shoei.jpg

『50歳からのついでヨガ~更年期障害も代謝の低下も自律神経の乱れも怖くない!』

(深堀真由美/大和書房)

更年期障害や代謝の低下、自律神経の乱れ…わかっているけれど病院に行くのは面倒ですよね? そんなあなたに贈りたい、いつもの暮らしを変えずに、自然と健康になれる「ついでヨガ」。頑張らずに続けられるメソッドは、忙しく過ごす女性の味方です。

※この記事は『50歳からのついでヨガ~更年期障害も代謝の低下も自律神経の乱れも怖くない!』(深堀真由美/大和書房)からの抜粋です。
PAGE TOP