エストロゲンの分泌で「女性力」をキープ♪50歳からのヨガ「猫の背伸びのポーズ」

「いつの間にか体重が!?」「なんとなくダルい...」。何かと体に不調が現れやすい50代女性に向けて、指導歴35年のヨガインストラクター・深堀真由美さんがお薦めするのが「頑張らなくても健康になれるヨガ」。そんな深堀さんの著書『50歳からのついでヨガ』(大和書房)から、普段の暮らしの中で「ついでにできるヨガ」のメソッドをお届けします。

pixta_27142642_S.jpg

加齢とともに衰える女性力をキープする

女性らしさを作り出すエストロゲンの分泌は、加齢と共に減少、停止します。

美容面はもちろん、健康面や精神面でも重要な働きをするエストロゲンの分泌を促して、女性力をキープしましょう。

顔の血流もアップ!顔色がよくなるので、メイクをするのが楽しくなります。

拭き掃除のついでに
猫の背伸びのポーズ

095-004-054.jpg

1.正座から両手をひざの前に置いて息を吐く。

095-004-055.jpg

2.息を吸いながら両手を前にすべらせて股関節がひざの真上にくるまで上体を伸ばし、息を吐きながらあごと胸を床につけ、5呼吸キープ。

首や背中に痛みがあるときは、上体が伸ばせるところでおでこを床につけてキープする。

【ココに効く!】
完成ポーズであごを床につけることによって視床下部に刺激が入り、エストロゲンの分泌を促します。

50歳から暮らしに取り入れたい「ついでヨガ」記事リストを見る

095-H1-tsuideyoga.jpg起き上がったり、寝転んだついでにできる36のヨガポーズが紹介されています。もちろん、道具はいりません!

 

深堀真由美(ふかぼり・まゆみ)

宮城県生まれ。深堀ヨガスクール主宰、指導歴35年のヨガインストラクター。15歳でヨガを始め、短期大学を卒業後、人体全細胞をリフレッシュさせる「ブリーズィングヨガ」を提唱。インドのヨガ協会のインストラクター資格を持つ。1991年、ヨガ教室を開講以来、多数の生徒を指導する。

shoei.jpg

『50歳からのついでヨガ~更年期障害も代謝の低下も自律神経の乱れも怖くない!』

(深堀真由美/大和書房)

更年期障害や代謝の低下、自律神経の乱れ…わかっているけれど病院に行くのは面倒ですよね? そんなあなたに贈りたい、いつもの暮らしを変えずに、自然と健康になれる「ついでヨガ」。頑張らずに続けられるメソッドは、忙しく過ごす女性の味方です。

※この記事は『50歳からのついでヨガ~更年期障害も代謝の低下も自律神経の乱れも怖くない!』(深堀真由美/大和書房)からの抜粋です。
PAGE TOP