テレワークが長くなると、更年期症状が強く出ちゃう...。49歳外資系会社員の「更年期」体験談

顔から汗が止まらない、イライラが抑えきれない、 悲しくもないのに涙が出る...それは「女性ホルモン」が原因かもしれません。そこで、15年間婦人科に通い続けドクターと二人三脚で若年性更年期を乗り越えた葉石かおりさんの著書『死んでも女性ホルモン減らさない!』(KADOKAWA)より、女性ホルモンと更年期の関係や食生活、運動、心のケアについてご紹介します。

pixta_65458435_S.jpg

女性ホルモン減少による更年期体験&対策

更年期を乗り越えてきた人から、来る更年期に向け事前ケアをする人まで生の声をキャッチ!


M・Oさん│ 49 歳│ 外資系会社員

まだ婦人科を受診していませんが、更年期と思われる症状がカラダに現れ始めました。

一つ目は動悸。

ただパソコンに向かっているだけなのに、胸がどきどきするんですね。

また寝汗もここ1~2年ほどひどい。

生理の前後1週間が特にひどく、パジャマが汗で濡れて、その冷たさで目が覚めたことも。

メンタル的には気分の落ち込み、感情のアップダウンが激しくなったような気がします。

特にテレワークが長くなると、ストレスからか症状が強く出るような気がします。

セントジョーンズワートやGABA(ギャバ)などが配合されたサプリや、海外のサプリを飲んで改善したのと、年に一度、会社で婦人科検診があるため、婦人科の受診は今も特にしていません。


ドクター一枝から一言

年に一度の会社の検診で安心されている方が非常に多いのですが、検診内容が不十分なパターンが多く見受けられます。

私のクリニックにも区や会社の検診では何ともなかったのに、いざ検査したら重篤な病気だった方がいらっしゃることも。

また今は調子が良くても、後々、閉経前に出血過多、出血が長期間止まらなくなるなどの症状が出ることがあります。

まれに閉経前の不正出血に病気が隠れていることも。

サプリなどが効いて今は全く症状がないとのことですが、万が一のことを考え、自分と相性のいいパートナードクターを今から探しておくといいでしょう。

それが更年期、老年期をより快適に過ごす鍵となります。

【まとめ】『死んでも女性ホルモン減らさない!』記事リスト

81l-FPgF1BL.jpg

女性ホルモンと更年期の関係や、更年期での食生活・運動・心のケアなどが、3章にわたってわかりやすく解説されています

 

葉石かおり(はいし・かおり)
ラジオレポーター、週刊誌の記者を経て、エッセイスト、酒ジャーナリストに。年下婚、離婚などを経験し、各メディアにエッセイやコラムを寄せる。また、国内外でサケ・アカデミーを開講し、日本酒の伝道師・SAKE EXPERT の育成を行う。お酒と健康について、医師に取材した著書『酒好き医師が教える最高の飲み方』(日経BP 社)が13 万部を超えるベストセラーに。

shoei.jpg

『死んでも女性ホルモン減らさない!』

(葉石かおり/KADOKAWA)

つらい更年期をハッピーな「幸年期」に変えるのはケア次第なんです。著者が15年間婦人科に通い続けドクターと二人三脚で編み出した「女性ホルモンとの付き合い方」が、マンガを織り交ぜてわかりやすく紹介されています。女性ホルモンと更年期の関係や、食生活・運動・心のケアなど、更年期と向き合うためのヒントを教えてくれる一冊です。

※この記事は『死んでも女性ホルモン減らさない!』(葉石かおり/KADOKAWA)からの抜粋です。
PAGE TOP