基本は14時間、何も食べないこと。美ボディで話題の45歳主婦が実践する「食事術」

「ダイエットしたけど、なんだか痩せ方が綺麗じゃない...」「リバウンドして理想から遠い状態に...」そんな経験がある人も多いのでは? そこで、『タオル1本でくびれを作る 肋骨締め』(makahou2・著、藤澤孝志郎・監修/KADOKAWA)より、45歳主婦が実践してウエストを10cmも細くできた、タオル1本で簡単にできる美ボディメソッド「肋骨締め」についてご紹介します。

pixta_50571702_S.jpg

makahou2流・食事術の基本

私の食事法は、1日の最後の食事から翌日の最初の食事まで14時間は何も食べないのが基本です。

以前、14時間ダイエットの本を読んで実践してみたら、自分にとっても合っていたので続けています。

1日のタイムスケジュールは、朝5時に起きてストレッチをし、白湯とざくろ酢を水で割ったものを飲み、トイレタイム。

子どものお弁当を作ったり、朝食の準備をしたりして、ときにはウォーキングへ。

戻ったら半身浴をして体重を測定し、10時過ぎに一度目の食事を摂ります。

その後も、フルーツなどをちょこちょこと食べて、最後に食べるのは19時くらいでしょうか。

それ以降は何も食べないので、14時間は断食できるのです。

この方法のいいところは、胃腸を長い時間休ませることができるので、消化吸収や排せつ力が高まり、代謝がよくなるところです。

10時~19時までの間は、満腹にも空腹にもならないよう、こまめに間食を摂っているので、「食べられない」というストレスはありません。

このときは一食目で食べていない食材や栄養を摂るようにし、甘いものも食べます。

おやつは、ロカボナッツ、ハイカカオチョコレート、芋けんぴや干し芋、ドライフルーツ、トルティーヤチップス、手作りのスイーツやグラノーラなどが多いです。

食事内容はカロリーよりもGI値(食後血糖値上昇指標)を重視しています。

白米などGI値の高い食品を最初に食べると血糖値が上昇し、体脂肪がつきやすくなります。

そのため、食事をするときは野菜をはじめに食べてから、お肉やお魚などのタンパク質、最後にパンやごはんという順番です。

炭水化物の中でもオートミールは低GI値なので、よく使っている食材です。

また私はパンが大好きなのですが、小麦粉はGI値が高いため、米粉、全粒粉、ライ麦粉など小麦粉に代わるものを使って、自分でパンを作るようにしています。

自分で作ると、何が入っているかもわかりますし、好みの味付けにできるので安心できるという面もあります。

『肋骨締め』記事リストはこちら!

書影.jpg4章にわたって、タオル1本でしなやかなボディラインを目指せる簡単美ボディメソッド「肋骨締め」について解説しています!

 

●著者

makahou2(まかほうつー)

フォロワー7万人超(2020 年 4 月現在)の人気インスタグラマー。高校生の子どもがいる主婦。年齢を感じさせない美しいプロポーションと独自の美容法から多くの女性ファンを持つ。インスタグラムではオリジナルのボディメイク法である「肋骨締め」をはじめ、効果抜群のマッサージやウォーキング法なども公開している。

●監修者

藤澤孝志郎(ふじさわ・こうしろう)

Dr. 孝志郎のクリニック院長。医学教育界の第一人者としても知られており、講義を受けて医師になった者は海外も含めると10万人を超える。スポーツ医学も得意とし、専門はメンタルケア。著書は『世界一効率よく若返る ! 1 日 5 秒骨トレーニング !』(ビジネス社)、『内科系専門医試験 解法へのアプローチ(第 1 集、第2集)』(ともに医学書院)など。

書影.jpg

『タオル1本でくびれを作る 肋骨締め』

(makahou2 著 藤澤孝志郎 監修/KADOKAWA)

いくつになっても美しい体を保っていたいならば、目指すべきは「細い体」ではなく「くびれと丸みのあるしなやかなボディライン」です。45歳主婦の著者が、タオル1本でマイナス10cmを達成した簡単美ボディメソッド「肋骨締め」で、あなたも理想のくびれを手に入れてみませんか?日本内科学会認定総合内科専門医による、医学的見地からの解説付きで理論的にもとても納得できる、話題の一冊です。

※この記事は『タオル1本でくびれを作る 肋骨締め』(makahou2 著 藤澤孝志郎 監修/KADOKAWA)からの抜粋です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP