薬味+レモンでまぐろタルタル!「しょうがレモン酢」洋食レシピ4選

毎日の食卓に欠かせない調味料の酢は、健康効果いっぱい。酢にレモンやしょうがを加えさらに健康効果をアップさせましょう! 料理研究家で管理栄養士の村上祥子さんに、「しょうがレモン酢」を使った4つの洋食レシピをお聞きしました。しょうがレモン酢の作り方も最後に紹介していますので参考にしてください。

【抜粋】毎日が発見_7月号_紙版_ページ_010_画像_0001.jpg刻んだ薬味がたっぷりで、かむごとにさまざまな味わいです。

「まぐろのレモン酢タルタル」

1人分74 kcal 塩分 0.4g

材料(2人分)
まぐろ刺し身用...100g
 きゅうりのピクルス...小1本
  にんにく...1/2片
  バジルの葉...4枚
  黒オリーブ...2個
 しょうがレモン酢...小さじ1
  しょうゆ...小さじ1/2
  オリーブ油...小さじ1
  こしょう...少々
漬けたレモン...2枚
バジルの葉...2枚

作り方
1  まぐろはみじん切りにし、細かくたたく。Aも全てみじん切りにする。
2  ボウルで1Bを混ぜ、2等分し、ぐい飲みなどに詰める。
3  レモンで2 にふたをするようにして、そのまま器に返して盛り、バジルを添える。

 

 

【抜粋】毎日が発見_7月号_紙版_ページ_010_画像_0002.jpg冷蔵で5日ほど、冷凍すれば2カ月保存ができます。
「鶏ハム」

1人分174 kcal 塩分 1.5g

材料(2人分)
鶏むね肉(皮を除いたもの)...1枚
片栗粉...小さじ2
水...300ml
 めんつゆ(3倍濃縮)...50?
  しょうがレモン酢...大さじ2
万能ねぎの斜め切り...1本分
粒マスタード...少々

作り方
1  鶏むね肉は味がしみやすいように、フォークで全体を突き、片栗粉をまぶす。

2  鍋(直径18㎝、高さ9㎝程度/肉がしっかり浸かるサイズ)に水を注ぎ、Aを加え、強火にかける。沸騰したら1 を加え、すぐに火を止め、落としぶたとふたをして常温まで冷ます。

3  ふた付き容器に鶏肉を入れ、ゆで汁をこして注ぐ。完全に冷めたら、冷蔵庫に入れて冷やす。

4  冷えたら1㎝幅のそぎ切りにし、大きければさらに二つに切り、ねぎと器に盛り、粒マスタードを添える。

 

 

【抜粋】毎日が発見_7月号_紙版_ページ_011_画像_0002.jpg「コールスロー・カレー風味」

1人分99 kcal 塩分 0.5g

材料(2人分)
にんじん...2㎝
玉ねぎ...1/8個

〈カレードレッシング〉
 サラダ油...大さじ1
  しょうがレモン酢...大さじ1
  塩...小さじ1/4
  こしょう...少々
  カレー粉...小さじ1/4
キャベツ...4枚(200g)
パセリのみじん切り...少々

作り方
1  にんじんはせん切りにし、玉ねぎは薄切りにしてボウルに入れる。
2  Aを合わせ、1 に加えて混ぜ、しんなりするまでおく。
3  キャベツは4㎝長さのせん切りにし、2 に加えてあえ、パセリをふる。

 

 

【抜粋】毎日が発見_7月号_紙版_ページ_011_画像_0004.jpg「わかめのサラダ」

1人分28 kcal 塩分 0.3g

材料(2人分)
刺し身用わかめ...40g
玉ねぎ...1/8個
ミニトマト...4個
 しょうがレモン酢...小さじ2
  うす口しょうゆ...小さじ1
  オリーブ油...小さじ1
  こしょう...少々

作り方
1  わかめはサッと洗って茎を取り、食べやすい大きさに切る。玉ねぎは繊維に沿って薄切りにする。ミニトマトはへたを除き、四つ割りにする。

2  ボウルにAを入れて混ぜ、1 を加えて混ぜたら30分ほど冷やす。

 

最後に、これらのレシピに使う、しょうがレモン酢の作り方をおさらいしておきましょう。

材料(450ml瓶1本分)
レモン...1個   
しょうが...30g
氷砂糖...100g  
酢...200ml

【抜粋】毎日が発見_7月号_紙版_ページ_007_画像_0004.jpg

 

■作り方

1 レモンはお湯をかけながら表面をたわしでゴシゴシ洗い、ペーパータオルで水分を完全に拭き取る。【抜粋】毎日が発見_7月号_紙版_ページ_007_画像_0011.jpg

 

 しょうがはよく洗ったら、皮付きのままペーパータオルで水分を完全に拭き取り、5㎜幅の薄切りにする。レモンは1㎝幅の輪切りにする。【抜粋】毎日が発見_7月号_紙版_ページ_007_画像_0007.jpg

 

 瓶に氷砂糖を入れ、を加え、酢を注ぐ。【抜粋】毎日が発見_7月号_紙版_ページ_007_画像_0010.jpg

 

 ふたはしないで電子レンジで加熱する。6 0 0Wなら3 0秒、750Wなら25秒、500Wなら40秒程度加熱する。この時点では、氷砂糖が完全に溶けていなくてもOK。【抜粋】毎日が発見_7月号_紙版_ページ_007_画像_0009.jpg

 

 ラップを表面に直にかぶせ、レモンとしょうがを酢の中に沈め、ふたをして、常温で12時間おいたらできあがり。【抜粋】毎日が発見_7月号_紙版_ページ_007_画像_0008.jpg

 
■ワンポイント
砂糖は黒砂糖や上白糖、きび砂糖などでもよい。その場合は沈殿しやすいので、こまめにかき混ぜる。酢は玄米酢、黒酢、りんご酢、ワインビネガーなど好みの酢でもよい。

 

■保存について

直射日光の当たらない場所で、常温で1年保存可能
冷蔵してもOKです。同じ材料の分量・作り方でしょうがを加えないと「レモン酢」になります。今後お伝えしていくレシピでは、どちらを使ってもおいしくできます。

 

その他も必読!「お酢の魅力」特集記事はこちら!

取材・文/石井美佐 撮影/中野正景

 

 

<教えてくれた人>

村上祥子(むらかみ・さちこ)さん

管理栄養士、料理研究家。福岡県生まれ。公立大学法人福岡女子大学国際文理学部・食・健康学科客員教授。同大学内「村上祥子料理研究資料文庫」では50万点の資料が一般公開されている。

この記事は『毎日が発見』2019年7月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP