むくみや痛みに! 指、土踏まず、ふくらはぎ...3分間「足すっきりマッサージ」

外反母趾や下肢静脈瘤、足底腱膜炎、扁平足、足裏の痛み、足首の痛み、むくみ、だるさ...。足の悩みはさまざまです。

足のトラブルを放置すると、やがては全身に悪影響を与え、さらにやっかいな症状を引き起こすケースも少なくありません。

生活習慣や歩き方、悪い姿勢など、原因は人それぞれですが、足のトラブルを起こす人には共通点があります。

それは、足裏のアーチが崩れていること。

年間約2000名の足の悩みを解決してきた、さいたま中央フットケア整体院院長の冨澤敏夫先生に、むくみや痛み対策に効果的な「足すっきりマッサージ」を教えてもらいました。

前回記事『毎日30秒でぐんぐん歩ける足に!「足ラクラク体操」』はこちら

むくみや痛み対策に!!「3分間 足すっきりマッサージ」

マッサージをするときは...

・1部位30秒ほぐします。
・お風呂上がりや寝る前に行うのがおすすめです。

ふくらはぎ

1912p066_01.jpg

ふくらはぎを両手で挟むようにして、気持ちいいと感じるぐらいの強さで圧を加えます。


前脛骨筋(ぜんけいこつきん)

1912p066_02.jpg足のすねの前側にある前脛骨筋をほぐします。気持ちいいと感じる強さで圧を加えます。

土踏まず

1912p066_03.jpg

固まった足裏をほぐしていくイメージで、土踏まず全体に、やや強めに圧を加えましょう。

かかと

1912p066_04.jpg

片手でかかとをつかみ、かかとをもむイメージで、左右に動かします。逆側の手で足首を支えて行います。

足の甲

1912p066_05.jpg

両手で足の甲の部分をつかみます。雑巾をしぼるようにねじり、すぐに反対側にねじるのを繰り返します。

足の指

1912p066_06.jpg

足の指を1本ずつ持って、「少し痛いかな」と感じる程度の強さでほぐします。

取材・文/笑(寳田真由美) 撮影/西山輝彦 モデル/永谷佳奈 

足の裏を鍛えて『足の痛みよさようなら!!』その他の記事はこちら

 

冨澤敏夫(とみざわ・としお)先生

さいたま中央フットケア整体院院長。柔道整復師。足の問題を専門としており、足の痛み解消のため全国から年間約2000名が来院。著書に『《不安定足首》と《ペンギン歩き》を治せばしつこい「足の痛み」は消える!』(現代書林)。

「毎日が発見」とフットケアの専門家が開発しました!

独自の編み分け構造により、足裏と足首を安定させ、正しく歩くための足運びを助ける靴下を開発しました。外反母趾対策やふくらはぎのケアなど、足のお悩みに広くアプローチします。

歩く力をサポートする靴下

1912p066_07.jpg

1足=3,000円+税
2足組=5,400円+税
<毎日が発見ショッピングで購入できます>

冨澤敏夫先生から一言

「この靴下をはいてウォーキングや体操をすると、足を蹴り出す力がついて正しい姿勢で歩けるようになります。足のむくみや冷えも感じにくくなりますよ」

この記事は『毎日が発見』2019年12月号に掲載の情報です。
PAGE TOP