「50年使った水道管」を想像してみて!50代女性「血圧ケア」のススメ

自分の体が思うようにならない...、そんな違和感がありませんか? 女性は特に40代以降、更年期や閉経という新しいモードに入っていく過程で、なんらかのトラブルはつきものです。そこで、『マリ先生の健康教室 オトナ女子 あばれるカラダとのつきあい方』(常喜眞理/すばる舎)より、女性家庭医である著者が提案する、それぞれの年代で起こる女性の体の変化への「上手な対応策」を、連載形式でお届けします。

pixta_44624700_S.jpg

高血圧に注意!
女性ホルモンの低下は血管にも影響を与えます

実は女性ホルモンはさまざまな形で、女性の体を守ってくれています。

そのひとつが血管です。

血中のコレステロールを制御したり、血管をしなやかに保ったり.........その女性ホルモンの量が低下するのですから、50代は血管の劣化にも気をつけなければなりません。

さらに女性に限らず、50代にもなると加齢によって血管は硬く、詰まりやすくなり、破裂のリスクが高まります。「50年使った水道管」と考えれば、察しがつきますよね。

この状態で高血圧を放置することは、極めて危険なことです。脳卒中、心不全、腎障害、動脈瘤など、いずれも高血圧が主な原因です。

「私、血圧は昔から低いの」という方も、加齢によって自然と血圧は高くなっていきます。年に一度の健康診断だけでは、気がついたら注意領域.........ということも。

やはり家庭に血圧計を備え、日常的にチェックしたいものです。

朝、起きてすぐの状態で血圧をチェックしましょう

家庭で血圧を測るタイミングは起床直後が最適です。

朝起きてすぐというと、頭がボーッとしていて血圧も低そうですが、実は安静状態に限って言えば、この時間帯が一番血圧が高くなります。

体は眠りから覚める少し前から、日中に活動できるようにフル回転で準備を始めているのです。ですからこの時点で血圧が標準値に収まっていれば、逆に安心というわけです。

オトナ女子_ページ_085_画像_0003.jpg

起床して排尿を済ませた直後に、椅子に座って測定します。

小一時間もすると血圧は日中の定常状態になりますので、忙しい朝とは思いますが、朝食後ではなく起きたてに測定してくださいね。

基準値はさまざま言われていますが、上135/下85までが基本です。

生きている限り、血圧は刻一刻と変化します。朝に3度測ると、1回目、2回目、3回目と下がっていく場合が多いものですが、どれもあなたの本当の血圧です。

深呼吸をひとつすれば、上の血圧が10くらい下がることは普通にありますし、前日の飲酒量や塩分摂取量が多いと血圧が上がることもあります。寝不足や体調不良でも上がります。

その上で、低いところだけ見るのではなく、むしろ高いときの値を見逃さないでください。

毎日測る必要はありませんが、高い数値が出た場合は1日おきに測って様子を見ましょう。逆に正常値であれば、月に一度程度のチェックでも十分です。

イラスト/加藤陽子

★40代以上の女性の方、必読です! その他の記事リストはこちら

syoei002.jpg40代~70代まで、年代別に表れる症状の解説や、それに対する具体的な対応策を紹介。女性家庭医として著名な著者が、わかりやすく解説してくれる一冊です。

 

常喜眞理(じょうき・まり)

家庭医、医学博士1963年生まれ。常喜医院の院長としての診療とともに、慈恵医大新橋健診センターでは診療医長として、婦人科や乳腺外科の診察結果を総合的に最終診断する立場を担っている。テレビの健康番組にも多数出演。

shoei.jpg

『マリ先生の健康教室 オトナ女子 あばれるカラダとのつきあい方』

(常喜眞理/株式会社すばる舎)

40代からの女のカラダは健康リスクがてんこ盛りです!女性のための年代別アドバイスで心と体の次のモードに備えましょう。輝く後半生に向けて、めざせ健康オトナ女子!!!

※この記事は『マリ先生の健康教室 オトナ女子 あばれるカラダとのつきあい方』(常喜眞理/すばる舎)からの抜粋です。
PAGE TOP