「午前中に夫婦で話し合う」のはNG⁉ 時間帯で影響を受ける「人の心理」とは

仕事に家事、子供がいたら育児まで...日々蓄積していく「疲れ」を感じると、「疲れない体になれたらなぁ」と思うことも多いはず。その疲れ、実は少しだけ生活習慣を見直せばなくせるかもしれません。女性専門の疲労外来ドクター・工藤孝文さんの著書『疲れない大百科』(ワニブックス)から、睡眠・食事・働き方といったさまざまな「疲れない方法」を連載形式でお届け。今すぐ「疲れる体」にさよならしましょう。

pixta_41776632_S123.jpg

デートにも会議にも効く賢い座り方

心理学では、座る位置が相手の気持ちに大きな影響を与えるといわれています。

たとえば診察室で私は必ず患者さんの右側に座ります。

これは左側に座ると、患者さんの心臓の近くに座ることになり、患者さんに不安を感じさせてしまうため。

なお、真正面は敵対心を生みやすいので会議などでは正面に味方の人を座らせましょう。

デートでは正面よりカウンターの横並び席、あるいは打ち解けやすくなるテーブル横の斜め45度で、女性が男性の左側に座るのがベストです。

謝るときは午後2時がベスト!

「時間帯」も人の心理に大きな影響を与えています。

たとえば午前11時以降、正午前は空腹でイライラする時間帯。

上司などに謝罪する際はこの時間帯を避け、昼食後の2時頃を狙いましょう。

食後は副交感神経が優位になっていて、険悪なムードを回避できる可能性が大です。

夫婦の話し合いなども午前中はケンカになりやすいので避けるのが賢明。

交渉事は夕方に伝えると成功率がアップ。

夕方になると疲労が高まって判断力が鈍くなるため、説得しやすくなるといわれています。

【すぐ疲れる人に贈る心の栄養ドリンク♪】心理学を活用して、人付き合いをスムーズに

日々に疲れた全ての女性に贈る『疲れない大百科』記事リストはこちら!

089-H1-rakusuruhuku.jpg睡眠や食事、働き方など5つのテーマで、疲れない体になるための70の方法がまとめられています
※書籍の詳しい内容は、こちらからAmazon書籍購入ページを参照ください

 

工藤孝文(くどう・たかふみ)

福岡県出身。糖尿病・ダイエット治療・漢方治療を専門とし、NHK「ガッテン!」、日本テレビ「世界一受けたい授業」、フジテレビ「ホンマでっか!?TV」へ肥満治療評論家・漢方治療評論家として出演する。日本内科学会・日本糖尿病学会・日本肥満学会・日本抗加齢医学会・日本東洋医学会・日本女性医学学会・日本高血圧学会・小児慢性疾病指定医。

shoei.jpg

『疲れない大百科‐女性専門の疲労外来ドクターが教える‐』

(工藤孝文/ワニブックス)

仕事、人間関係、家事に育児…休みたくても休めない女性は必読! 日々の習慣を見直してて疲労回復&疲れ予防、さらには気力・体力をアップさせてくれる方法が満載。『名医のTHE太鼓判!』『あさイチ』などに出演する疲労外来ドクターが、「脱・疲労体質」になれる眠り方、食べ方、働き方を教えてくれる「疲労回復の教本」です。

※この記事は『疲れない大百科‐女性専門の疲労外来ドクターが教える‐』(工藤孝文/ワニブックス)からの抜粋です。
PAGE TOP