1日50gは摂りたい! 基本の酢玉ねぎの作り方/新!酢玉ねぎ(2)

1607p13_1.jpg

酢玉ねぎはすでに常備菜、保存食として年間通して作っている、という方も多いかもしれません。毎日食べても飽きないおいしさなので健康のためにも続けやすく、いつもの料理にちょっと足すだけという手軽さも人気の理由です。

今回は基本の酢玉ねぎの作り方をご紹介します。

前の記事「腸内フローラに、血糖値に効く!酢玉ねぎの5大効果」はこちら


基本の酢玉ねぎ
50gあたり39kcal 塩分0.3g


材料 (出来あがり約850g)
玉ねぎ...2個(正味500g)
A  米酢( または穀物酢)...3/4カップ
  はちみつ...1/2カップ
  水...1/4カップ
  塩...小さじ1


作り方
1.玉ねぎは皮をむき、スライサーか包丁で薄切りにする。耐熱ボウルなどに入れる。

1607p15_3.jpg

2.鍋にAを入れて、一度煮立たせたら火を止める。

1607p15_4.jpg

3.熱いうちに1.に回しかける。常温まで冷まし、保存容器に移す。

1607p15_5.jpg


POINT
1日に50gは摂りたい。
漬け込む必要はなく、30分後から食べられる。
冷蔵保存すると酸味がまろやかになる。
密封した状態で、常温で約1年間保存可能。


次の記事「むくみ解消、美肌に。「ちぎり天」「すき焼き」」はこちら。

1702p44_murakami_prof.jpg
<教えてくれた人>
村上祥子(むらかみ・さちこ)さん
料理研究家・管理栄養士。1942年、福岡生まれ。公立大学法人福岡女子大学国際文理学部・食・健康学科客員教授。食材の持つ力で健康寿命の延伸を図る研究に関与。同大学にある「村上祥子料理研究資料文庫」で50 万点の資料が一般公開されている。公式ホームページはこちら。 
この記事は『毎日が発見』2016年7月号に掲載の情報です。

キーワード

PAGE TOP