10年で1cm縮む⁉ 40代から始まる「身長低下」4つの原因

「生理前に甘ものが食べたくなる」「急に天然パーマになった」など、体に起こる不思議な現象。そんな体の仕組みを科学的視点から解説する書籍『医者も驚いた!ざんねんな人体のしくみ』(工藤隆文/青春出版社)から、特に女性にまつわる人体のメカニズムをご紹介します。

ざんねんな人体05.jpg

年を取ると背が縮んでしまう4つの事情

肌の衰えや頭髪の変化などと違い、最初はなかなか気づきにくい加齢による身体の変化に、身長が縮む、という現象があります。

若い頃、どんなにスラリとしていた人でも、何のトレーニングもしていなければ、40歳をすぎた頃から少しずつ身長が縮んでいきます。

どれくらい縮むかは人によりますが、だいたい、10年で1センチくらい縮むといわれています。

加齢が原因で背が縮むのには、おおよそ4つの原因があります。

まずは、筋力の低下です。

ざんねんなことに、私たちの筋肉量は20代がピークであり、30歳をすぎた頃からは、意識的に身体を動かさない限り、年々確実に減っていく運命にあります。

筋肉が減れば、脊椎や骨盤をしっかり支える力が低下してくるので、どうしても背が縮んでしまうのです。

2つめは、筋力の低下や生活習慣などによる、姿勢の悪化です。

猫背や前かがみの姿勢で身長が低くなるのは、皆さんご想像の通りです。

3つめは、骨粗しょう症です。

骨粗しょう症になれば、骨に変形が起きたり、圧迫骨折を起こしたりしやすくなるため、物理的に身長が縮んでしまいます。

ちなみに、骨粗しょう症は、日本では40歳以降に発症する方が多く、特に閉経後の女性に多い疾患として知られています。

その理由は、女性ホルモンの低下により、骨がうまく作られなくなってくることにあります。

そして、意外と知られていない4つめの理由が、体内の水分量の変化です。

身体の水分量は、子どもの頃は約7割ですが、大人になると5〜6割、老人になると5割と、年齢とともに低下していきます。

これに伴い、背骨の椎間板の水分量も減少し、結果的に身長が縮んでしまうのです。

身長の縮みを抑えるには、骨盤を立てるように意識して良い姿勢を保ち、栄養のバランスに注意し、運動で筋肉をつける以外ありません。

また、喫煙や飲酒もカルシウムの吸収を妨げ、骨粗しょう症の原因になる可能性があるので十分注意しましょう。

医者も驚く体の不思議「ざんねんな人体のしくみ」記事リストはこちら!

103-H1-zannenzintai+.jpg体におこる75の不思議な変化や現象を医学的・科学的に解説されています

 

工藤孝文(くどう・たかふみ)
1983年、福岡県出身。糖尿病・ダイエット治療・漢方治療を専門とし、NHK「ガッテン!」、日本テレビ「世界一受けたい授業」、フジテレビ「ホンマでっか!?TV」へ肥満治療評論家・漢方治療評論家として出演する。日本内科学会・日本糖尿病学会・日本肥満学会・日本抗加齢医学会・日本東洋医学会・日本女性医学学会・日本高血圧学会・小児慢性疾病指定医。

103-H1-zannenzintai-.jpg『医者も驚いた!ざんねんな人体のしくみ』

(工藤孝文/青春出版社)

数えると増えるニキビ、蚊に刺されやすい体質など、体にまつわる“ちょっとざんねん”な現象や意外な事実を医学的・科学的根拠をもとに、医師が解説。気になっていた加齢による体の変化も、「なるほど!」という発見があるかもしれません。

※この記事は『医者も驚いた!ざんねんな人体のしくみ』(工藤孝文/青春出版社)からの抜粋です
PAGE TOP