胃カメラでもわからない?知っておきたい「見つけにくいがん」

「2人に1人がかかる」と言われるほど身近な病気である「がん」。ただ、断片的な情報は知っていても、検診や予防、基礎知識など「実はよくわかっていないのよね」という人も多いのではないでしょうか? そこで「がんにまつわる気になる疑問」を、最新の知識を備えたがん治療のスペシャリスト・明星智洋先生に尋ねた注目の新刊『先生!本当に正しい「がん」の知識を教えてください!』(すばる舎)から一部を抜粋、最新の「がんの知識」を連載形式でお届けします。

pixta_48757542_S.jpg 

見つけやすいがん、見つけにくいがん

――検診をしていても発見しづらいがんってあるんですか?

明星先生 はい、残念ながらがんには検診などで比較的発見しやすいものと、しづらいものがあります。たとえば大腸がんは早期発見しやすいがんの一つで、大腸カメラをして1年前には異常がなかったのに、今年いきなりがんが出てきた、ということは稀です。たいていは小さなポリープから徐々に大きくなり、悪性のがんになっていきます。つまり定期的な大腸カメラを行っていれば大腸がんの早期発見は可能です。

――大腸がんは見つけやすいんですね。胃がんはどうなんですか?

明星先生 胃がんに関しても基本的には発見しやすいです。ただし、スキルス胃がんといわれるⅣ型胃がんの場合は進行が早く、毎年胃カメラをやっていても発見できないことがあります。

――えっ、胃カメラでも発見できないんですか!?

明星先生 胃がんの中でも10%ほどの珍しいがんなのですが、やっかいなことに初期段階では潰瘍などわかりやすい症状が確認できないことがあります。そのため、気づいたときにはがんが進行して転移していた、ということの多いがんです。

――怖いですね......症状でわかったりしないんですか?

明星先生 胸焼け、下痢、胃の不快感や食欲不振、また急な体重の減少があることもあるので、おかしいなと思ったら受診をおすすめします。

――他にも見つけづらいがんにはどんなものがあるんですか?

明星先生 代表的なものはすい臓がんや胆管(たんかん)がんです。腹部超音波ではなかなか見つけることができず、造影剤という薬剤を入れた「造影CT」で初めて発見できるようなものです。がんが進行するまで症状があらわれにくく、黄疸(おうだん)が出てやっと診断されることが多くなります。

――早く気づくにはどうすればよいでしょう?

明星先生 定期的なCTと腫瘍マーカーのチェックが必要になってきます。

――CT検査じゃないと見つからないがんは多いんですか?

明星先生 はい、たとえば肺がんも会社の健診で行うような通常の胸部レントゲンでは腫瘍がそれなりに大きくなってからでないと写りません。腫瘍が数ミリ程度の小さいうちに発見するためにはCT検査が優れているんです。ちなみに肺のCTだけだったら5分以内に検査は終了します。

――5分で! 早いですね。

明星先生 喫煙者などリスクが高い方は、ぜひ毎年受診することをおすすめします。ちなみにですが、急性白血病は発症してから1~2週間で悪化する進行の極めて早いがんです。

――たったの1~2週間ですか!?

明星先生 はい。このような疾患の場合は、毎年検診を受けていたとしても早期発見はできません。体に不調が出た場合には、ただちに受診をしてください。

【まとめ】
すい臓がん、胆管がん、Ⅳ型胃がんなどは見つけづらいが、毎年の腫瘍マーカーやCTで発見確率は上がる。ぜひ定期検診を!

その他の「先生!本当に正しい「がん」の知識を教えてください!」記事リストはこちら!

9784799108369 (2).jpg「がんは遺伝する?」「仕事はやめなきゃいけない?」「感染するがんがあるって本当?」など、40を超えるテーマについて専門医に質問、対話形式でわかりやすくまとめられています

 

 

明星智洋(みょうじょう・ともひろ)

江戸川病院腫瘍血液内科副部長 兼 感染制御部部長。東京がん免疫治療センター長。MRT株式会社 社外取締役。1976年岡山県生まれ。高校生の時に、大好きだった祖母ががんで他界したことをきっかけに医師を目指し、熊本大学医学部入学。その後、医師国家試験に合格。血液悪性腫瘍およびがんの化学療法全般について学ぶ。血液専門医認定試験合格、がん薬物療法専門医最年少合格。専門は、血液疾患全般、がん薬物療法、感染症管理。現場と最新の医療情報を知る医師の観点から情報を発信している。

 

松本逸作(まつもと・いっさく)

作家、ライター。年間ベストセラーランキングに入る実用書やビジネス書をはじめ、サブカルやグルメを扱ったウェブ記事、漫画原作など、多岐にわたる媒体・ジャンルでマルチに活躍。


81GX7X+tu0L.jpg

『先生!本当に正しい「がん」の知識を教えてください!』

(明星智洋、松本逸作/すばる舎)

予防法は?早期発見するには?身近な人がかかったら?最適な治療法は? そんな疑問を、最先端の治療に携わり、数多くの有名人も治療してきた名医が、現場の知識と最新の研究もふまえ「おすすめの病院」まで教えてくれます。対話形式でわかりやすい構成が魅力の「がん」に備える入門書として最適の一冊です。

※この記事は『先生!本当に正しい「がん」の知識を教えてください!』(明星智洋、松本逸作/すばる舎)からの抜粋です。
PAGE TOP