人類最大の発明!? お金を増やしたいなら知っておきたい「72の法則」

老後資金のために「投資」を考えているけど、ちょっと怖い...そんな人にまず知ってほしいのが「金融のイロハ」です。そこで、資産運用のプロ・山崎元さんに、金融知識が全くない大橋弘祐さんが質問する形式で分かりやすいと好評の著書『難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!』(文響社)から、投資の初心者が知っておきたい「投資と貯蓄の疑問」をお届けします。

pixta_47356261_S.jpg

1万円だけでも投資をすると勉強になる

口座を開設したなら、さっそく買ってみようか

でも、怖いな。買うの......

どうして?

だって、まだよくわかってないですもん。お金のことも経済のことも

じゃあ、ちょっとだけ買ってみれば。1万円だけでもさ。買うとイメージつかめるから

1万円ですか......

いつもは、最適な投資額を決めて、一気に買ってしまえって教えてるんだけど、君は特別気が弱そうだから、今回は方針を変える

.........

投資って、やってみるまでは海のものとも山のものともわからないじゃない。だからなんとなく怖いイメージがある。でも、やってみれば、どんなふうに増えるかわかるし、案外面倒でないこともわかる。一回体験してみるといいよ。それでもし自分にはあわないと思えばやめればいいし

うーん。1万円か......

......あのね、金融商品によるけど1万円投資して、1万円全部なくなることなんてまずないし、仮に3000円を失ったとしても、3000円でお金のことを学べるなら安いものじゃない

確かに......

この、まず1万円分を買ってみる「とりあえず投資」、とりあえずやってみました。

個人向け国債と、あとで先生に教わる投資信託のひとつを1万円ずつ、買ってみたんですけど、やってよかったです。

というのも、お金のことって本を読んだり人に聞いたりするのと、実際に買って動かしてみるのでは、理解度が全然違うからです。ボールを蹴らないとサッカーが上達しないように、お金の運用も実際にやってみることによってお金を運用するのってこういうことかと実感できます。

また、とりあえず投資には、もうひとついいことがあります。それは、経済の情報にアンテナが張られることです。少額でも何かに投資することによって、為替相場や、経済系のニュースに目がいくようになります。自分のお金を投資したので、価格の上げ下げが気になるようになりました。下がった場合は何が原因かと考えるようになります。

お金の運用をしなくても、ほんの少しだけ投資するのは、自分への投資になるのではないでしょうか。


[まとめ]

・とりあえず1万円の投資をすることによって、お金の勉強ができる。


人類最大の発明、複利

あと、もうひとつお金を運用する上で大切なことがあるから教えておく

なんでしょう?

それは『複利で運用する』ってこと

アインシュタインも『人類最大の発明は複利』だと言ってますもんね。複利ってそんな大切なことなんですか

うん。まず金利には『単利』と『複利』というのがある。たとえば君が目標としている『+5%』の利回りで100万円を20年間運用するとする。単利だと、毎年5万円もらえるから、20年で100万(5万×20年)

はい

次に、複利だと、最初の年にもらった5万を次の年に繰り越す。だから次の年は105万に対して5%をもらえる。これを20年繰り返すと、金利だけで約165万もらえることになる。単利と比べて65万も多い

65万も違うんですか。もし仮に1000万だったら、650万も違うってことですよね

そう。複利だと、運用する対象が増えていくから、どんどんどん大きくなっていく。だから複利で運用するものを選んだほうがいい

なるほど

お金っていうのは、しかるべき運用をすれば、少しずつ増えていく。でも、その増えた分をおろしてしまうと、元本が増えていかない(図6)。だから大切なことは運用で増えた分を、おろさないでそのままにしておくってこと

わかりました

035-003-046.jpg

それと、複利に関して一つ覚えておくといいのが『72の法則』

なんですか、それは

72を『利率』で割ると『2倍になるまでにかかるおおよその年数』が出る

???

72の法則
72÷利率(%)=2倍になるまでにかかるおおよその年数

たとえば、君の貯金を5%で運用して2倍にしたいとする。その場合は72を利率の5で割る


  ↓利率   2倍になるまでの年数

72÷5(%)=14・4(年)


計算すると14・4。つまり、君の貯金500万を毎年5%で運用できれば、だいたい14年から15年で2倍の1000万になるということ。これは住宅ローンで借金を計算するときにも使えるから覚えておくと便利だよ


[まとめ]

・複利は雪だるま式に増えていく。
・お金を運用するときは、途中でおろさずずっと持っておくのが基本。
・72を利率で割ると2倍になるおよその年数が計算できる72の法則を覚えておくと便利。


金融知識ゼロでも理解できる「お金の増やし方」記事リストはこちら!

035-okane.jpg5章にわたって国債や投資信託、NISAに年金に至るまで、資産運用の基本のキを解説。実際にネット証券の口座開設法も写真で紹介されて分かりやすい

 

山崎元(やまざき・はじめ)
1958年、北海道生まれ。経済評論家。専門は資産運用。楽天証券経済研究所客員研究員。東京大学経済学部卒業、三菱商事に入社。野村投信、住友信託、メリルリンチ証券など12回の転職を経て現職。著書に『学校では教えてくれないお金の授業』(PHP研究所)など多数。

大橋弘祐(おおはし・こうすけ)
作家、編集者。立教大学理学部卒後、大手通信会社の広報、マーケティング職を経て、作家に転身。著書に『SURVIVAL WEDDING』(文響社)など。

shoei.jpg

『難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!』

(山崎元・大橋弘祐/文響社)

「投資」って興味はあるけど、どうやったらいいのか分からない。そんな「お金のド素人」代表が、東大卒で外資系証券や保険など金融12社を渡り歩いた「お金のプロ」に、なるべく安全なお金の増やし方を聞いた、初心者向け投資解説本。プロと素人の会話形式でまとめられているので、金融知識ゼロから投資を始めたい人にうってつけです。

※この記事は『難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!』(山崎元・大橋弘祐/文響社)からの抜粋です。
PAGE TOP