恋愛結婚なんて面倒?! 2~30代の半数近くが結婚願望ナシという結果に

一昔前までは"結婚して家庭を持つ"という価値観が当たり前のように共有されていました。しかし最近では様々な理由で結婚を避けてしまう人も。最近の若者は、恋愛や結婚についてどのように考えているのでしょうか?

180822_kekkon_01.jpg


20代・30代の恋愛・結婚事情とは?

今年7月に「株式会社クロス・マーケティング」が、「20代・30代の恋愛・結婚に関するアンケート(2018年版)」の結果を発表。最近の若者の結婚観が顕著に現れました。

まず未婚者を対象にした「結婚願望の有無」に関する質問では、56.8%の人が「結婚願望はある」と回答。一方で「結婚願望はない」と答えた人は43.1%となっています。4割以上の人が"結婚願望ナシ"ということですが、結婚に消極的になってしまう要因はどこにあるのでしょうか。

同アンケートでは、「結婚願望なしの理由」についても調査。一番票を集めたのは、「恋愛・結婚自体面倒、興味がないから」という項目で40.8%でした。2位は「人づきあいが苦手だから」で38.8%、3位は「趣味に力を入れたいから」で27.5%、4位は「恋愛感情以外で相手と過ごす方が楽だから」で20.4%、5位は「仕事や勉強で忙しいから」で15.5%という結果に。ちなみに「交際相手としての重視点」についての質問では、「優しい」「顔が好み」が半数近くを占めています。

同アンケートでわかった最近の結婚事情に、ネット上では「結婚とか恋愛が"面倒"な世の中なのか...」「『結婚が全てじゃない』って価値観が浸透してるんだと思う」「結婚はしなくても恋愛はしようよ! って思っちゃうのは私がおばさんだから?」といった声が。また「結婚や育児に希望を見出せる時代じゃないのかも。ワンオペ育児とか待機児童問題とかネガティブな話題が多いし...」とも指摘されています。


時代によって移り変わる結婚観

結婚しない理由として「恋愛・結婚自体面倒、興味がないから」が1位となっていましたが、以前「クローズアップ現代+」(NHK)では"いきなり結婚族"が特集されていました。いきなり結婚族とは、"恋愛"の期間をすっ飛ばして結婚する人々のこと。少し前に世間では「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)が流行っていましたが、こちらはヒロインが"契約結婚"というかたちでいきなり結婚する物語です。

なぜこのドラマが若者の共感を得たのでしょうか。番組に登場した原作者の海野つなみさんは、「なんでみんな結婚したがるのかと考えたときに、安心したいのかなと思って。婚活疲れた、就職活動疲れた、仕事疲れた、逃げたい。『契約結婚でいい』そういう感じは(読者の)感想を見て思います」と語っています。

そのほか最近では、結婚しても式や披露宴をやらない"ナシ婚"を選ぶカップルも増加傾向に。時代の変化に伴って、"結婚"の形も変わっていくのかもしれません。

文/藤江由美


関連記事:トレンドは「お見合い」ならぬ「お見せ合い」!? 婚活アプリの利用者増で変わる価値観削除

週3日、LINEでオススメ記事が届く!

この記事に関連する「ライフプラン」のキーワード

PAGE TOP