お相手に性犯罪の前科が...!アラフィフで参加した500円の婚活パーティー

pixta_19313222_S.jpg

ペンネーム:レオン
性別:女
年齢:52
プロフィール:子供たちはそれぞれの道を歩き出し、これからの折り返しの人生を楽しく悔いなく生きたいと思う一人暮らしの会社員です。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

シングルマザーとして育て上げた子供が大学に進学し、私のもとを離れた一昨年、当時50歳の私は初めて一人ぼっちでクリスマスを過ごすことになりました。会社が終わって帰宅途中、車を運転しながらこの寂しい現実に思わず笑ってしまいました。

そして昨年。クリスマスが近づいた12月。一昨年の一人ぼっちのクリスマスを思い出し、あの寂しさは避けたいと思った私はスマホを手に取りました。そして「婚活、中高年」と検索。すると「婚活パーティー参加者募集」がたくさんヒットしました。

ふと目についたのが1週間後のパーティーでした。生まれて初めての婚活パーティー参加に若干の抵抗はありましたが、参加料は500円だったので勢いでポチっとクリックし申込みをしました。

そして当日。着ていく服を慎重に選び、久しぶりにマニキュアもしておしゃれに着飾っていきました。緊張しましたが約1時間のパーティは楽しく過ぎ、私は2人の方から交際を申し込んで頂きました。迷いましたが、老後の生活を金銭的に心配することなく暮らしたいと考えて、最終的に経済的に条件の良い方を選ばせて頂きました。

パーティー会場を後にして、その方とカフェでいろいろな話をしました。お互いの電話番号とアドレスを交換し翌週夕食を一緒にする約束をしました。とても楽しいひと時でした。

その日の夜、浮かれ気分だった私は、スマホでその方の名前を検索しました。すると、たくさんの記事が出てきました。血の気が引きました。

その方は過去に性犯罪による逮捕歴がある方でした。

更生しているとはいえ、記事の内容が頭をよぎり、恐ろしくて途方にくれました。

その日のうちに、理由は説明せず交際をお断りしたところ、その方から怒りのメールが送られてきました。

「あなたを選んで馬鹿を見た」「付き合うつもりがないのなら参加料を返せ」「二度と来るな」「会社に訴える」等、次々とメールが来ました。メールの内容にも、頻度にも、恐怖をおぼえました。

でも今思うと、打算的に相手を選んだ私にも悪いところはあったのだと思います。

また、50歳を過ぎてから、人生を共に歩む相手をクリック一つで参加できるような気軽な婚活パーティで見つけようとすることが、そもそも間違いなのかもしれません。

素敵なお相手と出会うためには、まず自分が素敵な人間にならなければいけない。自分の人間力を高めていく過程で、いつかきっと同じ価値観の方に出会うと信じて、これからの人生を歩んでいこうと思います。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP