奇跡が、起きた!「神様、僕、生きていいんですね......」/僕は、死なない。(49)

2016年9月、医師から「肺がんステージ4」という突然の告知を受けた刀根 健さん。当時50歳の彼が「絶対に生き残る」と決意し、あらゆる治療法を試してもがき続ける姿に......感動と賛否が巻き起こった話題の著書『僕は、死なない。』(SBクリエイティブ)。21章(全38章)までの「連日配信」が大好評だったことから、今回はなんと31章までの「続きのエピソード」を14日間連続で特別公開します!

ぼくはしなない49.jpg

ついに来た!

その日の夜のことだった。

消灯時刻も過ぎて薄暗くなったベッドの向こうで声がした。

「刀根さん、よろしいですか」

福山先生だった。

「はい、いいですよ」

僕はベッドから身を起こした。

福山先生はカーテンを開け、僕のそばに来た。

いつもニコニコしている福山先生が、いつもよりもっと嬉しそうだ。

「刀根さん、嬉しいお知らせがあります」

「はい、なんでしょう?」

「先日行なった生検の結果がほぼ、出まして......」

「はい」

「刀根さんの遺伝子からALKが見つかりました!」

「えっ?ホントですか?」

「はい、まだ最終の確認中ですが、ほぼ、間違いないと思います。ALKの分子標的薬のお薬が使えそうです」

僕は思わず拳を握ってガッツポーズをした。

やった!

分子標的薬が使える!

しかし同時に、〝来たよ、来た。来るものが来たんだよ。わかっていたじゃないか〟そんな声も聞こえた。

「ALKの患者さんが使う分子標的薬『アレセンサ』というお薬は、とてもよく効くと言われているお薬です。副作用も少ないと言われています。刀根さんはこのお薬が使えそうですよ」

「ありがとうございます」

「いやあ、患者さんにとってよい知らせはちょっとでも早くお伝えしたくて、こんな時間なのですが、来てしまいました」

福山先生は照れたように笑った。

「週明けの月曜日、沼田先生から詳しいお話があると思います。でも、とりあえずよかったですね」

福山先生が帰った後、僕は天井を見上げた。

まさか、ALKが見つかるとは......。

ALK遺伝子を持っている人は肺腺がんの4%しかいない。

とても珍しい遺伝子なんだ。

その4%に入ったのか、いや待て、そもそも前の大学病院でALK調べてたはずじゃないか。

2カ月半待ったのに、結果を教えてもらえなかったから、てっきりダメだと思っていた。

だから頭の中からALKの選択肢は消滅していたはずなのに、こんなことになるなんて、全くもって想定外。

いったいどういうことなんだろう?

まあいい。

とにかくALKが見つかったんだ。

これで分子標的薬が使えるんだ。

すごいや、本当にすごい。

僕は興奮冷めやらぬまま、ベッドに横になった。

深夜、尿意を感じてトイレに行った。

便器に座ると、窓の外から月の光が煌々と僕に降りそそいでいた。

なんだかとても神聖に感じた。

思わず、口から言葉がこぼれ出た。

「神様、僕、生きていいんですね......」

口にしたとたん、涙があふれ出てきた。

生かされた......。

生きのびた、ではなく、生かされた...。

この世界に残ることを許された......。

自然と両手が合わさった。

ありがとうございます。

ありがとうございます。

ありがとうございます。

宇宙よ、神よ、世界よ、僕が生きることを許してくれて、ありがとうございます。

僕を愛してくれて、ありがとうございます。

僕は、生きます......。

僕は泣いた。

【次回のエピソード】見舞いがひっきりなしに...。ステージ4の肺がんの僕の「不思議な入院生活」

最初から読む:「肺がんです。ステージ4の」50歳の僕への...あまりに生々しい「宣告」/僕は、死なない。(1)

【第1話からまとめ読み!】『僕は、死なない。』記事リスト

shoei001.jpg50歳で突然「肺がん、ステージ4」を宣告された著者。1年生存率は約30%という状況から、ひたすらポジティブに、時にくじけそうになりながらも、もがき続ける姿をつづった実話。がんが教えてくれたこと」として当時を振り返る第2部も必読です。

 

刀根 健(とね・たけし)

1966年、千葉県出身。OFFICE LEELA(オフィスリーラ)代表。東京電機大学理工学部卒業後、大手商社を経て、教育系企業に。その後、人気講師として活躍。ボクシングジムのトレーナーとしてもプロボクサーの指導・育成を行ない、3名の日本ランカーを育てる。2016年9月1日に肺がん(ステージ4)が発覚。翌年6月に新たに脳転移が見つかり、さらに両眼、左右の肺、肺から首のリンパ、肝臓、左右の腎臓、脾臓、全身の骨に転移が見つかるが、1カ月の入院を経て奇跡的に回復。現在は、講演や執筆など活動を行なっている。

6143Ex20k-L.jpg

『僕は、死なない。 全身末期がんから生還してわかった人生に奇跡を起こすサレンダーの法則』

(刀根 健/SBクリエイティブ)

2016年9月、心理学の人気講師をしていた著者は、突然、肺がん告知を受ける。それも一番深刻なステージ4。それでも「絶対に生き残る」「完治する」と決意し、あらゆる代替医療、民間療法を試みるが…。当時50歳だった著者の葛藤がストレートに伝わってくる、ドキドキと感動の詰まった実話。

この記事は『僕は、死なない。 全身末期がんから生還してわかった人生に奇跡を起こすサレンダーの法則』(刀根 健/SBクリエイティブ)からの抜粋です。

この記事に関連する「ライフプラン」のキーワード

PAGE TOP