味のついた料理が、こんなに美味いなんて...「がんの入院」で感じた幸せ/僕は、死なない。(42)

2016年9月、医師から「肺がんステージ4」という突然の告知を受けた刀根 健さん。当時50歳の彼が「絶対に生き残る」と決意し、あらゆる治療法を試してもがき続ける姿に......感動と賛否が巻き起こった話題の著書『僕は、死なない。』(SBクリエイティブ)。21章(全38章)までの「連日配信」が大好評だったことから、今回はなんと31章までの「続きのエピソード」を14日間連続で特別公開します!

pixta_38790265_S.jpg

一通り、医師や看護師たちが帰った後、夕食の時間になった。

メニューは魚と味噌汁、野菜のおひたしだった。

味のついた料理を口に入れる。

唾液が待ってましたとばかりに一気に口の中に広がった。

歯がしびれるほど美味しかった。

味って、すごい。

最高にうまい。

ああ、なんて幸せなんだ。

ここはやっぱり最高のリゾートだよ。

食堂から見える夕日に赤く照らされたスカイツリーを眺めながら、僕は幸せに包まれていた。

食堂から帰ってきてベッドで寝ていると、おもむろにカーテンが開いた。

ん?と思って顔を上げると、そこには4年前に引退した元ボクサーの大場君がいた。

「お、大場!」

「刀根さん、お久しぶりです。おれ、今日ジムの矢沢さんからメールもらって、映画館で映画見てたんですけど、いても立ってもいられなくって......」

そう言って、言葉を詰まらせた。

「泣くな、泣くなよ、僕大丈夫だから!」

「はい、顔を見て安心しました。実はカーテン開けるの怖くって......」

「大丈夫、僕は治るからさ。治るって確信があるんだよ」

「そうなんすか?でも、おれ、刀根さんなら治るって思います」

「ありがとう、絶対に生還するから大丈夫だよ」

その後、食堂に移動していろんな話をした。

彼とは引退後に連絡が取れなくなっていた。

仕事がうまくいかなくて相当苦労しているらしいと噂話も聞いていた。

今はその仕事は辞め、新しい職場で活躍しているとのこと、一安心だった。

「おれ、もう一度ボクシングやりたいんです。やっぱり、一度あのリングを経験したら、あれ以上のものって味わえないですよ」

「そうか、やっぱりそうだよな。大場はまだ若いんだから、全然やり直せるさ。仕事の状況を整理したらまた始めるといいよ」

「はい、おれ、今日刀根さんに会って本気でそういう気になりました。ありがとうございます!」

大場君は元気に帰っていった。

大場君と別れて食堂から戻ると、ベッド脇の椅子に男性が座っている。

誰だろう?

男性が振り向いた。

数年前にボクシングジムを辞めた先輩トレーナーの小沢さんだった。

小沢さんが辞めて以来、一度も会ってなかった。

「よっ、刀根さん、元気?」

にこっと笑って手を上げた。

「ええ、元気っすよ」

僕も笑った。

「ほら、これ持って来ましたよ」

彼は灰色のビニール袋をいたずらっぽく僕に手渡した。

中を覗くとエロ本だった。

さすが。

「俺は刀根さんは大丈夫だと思ってますから、心配してません」

小沢さんはニコッと笑うと、またひょい、と手を上げて帰っていった。

そういう彼の気遣いが嬉しかった。

僕はベッドの上に残った灰色のビニール袋を見て思った。

うむ、確かに大丈夫なんだが、さすがにこれを見る気にはならないな......嶋田さんに見つからないようにしなくっちゃ。

エロ本を親から隠す中学生の気分になり、自然と笑みが口元に浮かんだ。

こうしていろいろあった入院初日が終わった。

次のエピソード:がんで体重が11キロも落ちてたのか...病院での検査の日々/僕は、死なない。(43)

最初から読む:「肺がんです。ステージ4の」50歳の僕への...あまりに生々しい「宣告」/僕は、死なない。(1)

【まとめ読み!】『僕は、死なない。』記事リスト

shoei001.jpg50歳で突然「肺がん、ステージ4」を宣告された著者。1年生存率は約30%という状況から、ひたすらポジティブに、時にくじけそうになりながらも、もがき続ける姿をつづった実話。がんが教えてくれたこと」として当時を振り返る第2部も必読です。

 

刀根 健(とね・たけし)

1966年、千葉県出身。OFFICE LEELA(オフィスリーラ)代表。東京電機大学理工学部卒業後、大手商社を経て、教育系企業に。その後、人気講師として活躍。ボクシングジムのトレーナーとしてもプロボクサーの指導・育成を行ない、3名の日本ランカーを育てる。2016年9月1日に肺がん(ステージ4)が発覚。翌年6月に新たに脳転移が見つかり、さらに両眼、左右の肺、肺から首のリンパ、肝臓、左右の腎臓、脾臓、全身の骨に転移が見つかるが、1カ月の入院を経て奇跡的に回復。現在は、講演や執筆など活動を行なっている。

6143Ex20k-L.jpg

『僕は、死なない。 全身末期がんから生還してわかった人生に奇跡を起こすサレンダーの法則』

(刀根 健/SBクリエイティブ)

2016年9月、心理学の人気講師をしていた著者は、突然、肺がん告知を受ける。それも一番深刻なステージ4。それでも「絶対に生き残る」「完治する」と決意し、あらゆる代替医療、民間療法を試みるが…。当時50歳だった著者の葛藤がストレートに伝わってくる、ドキドキと感動の詰まった実話。

この記事は『僕は、死なない。 全身末期がんから生還してわかった人生に奇跡を起こすサレンダーの法則』(刀根 健/SBクリエイティブ)からの抜粋です。

この記事に関連する「ライフプラン」のキーワード

PAGE TOP