結婚や出産、夫の転勤で離職後、再就職したいけど...プロが教える「ブランクをプラスに捉える方法」

仕事で転勤や異動、自分や家族が病気を患うなど、人生の転機を迎える可能性が高い中年期。急な報せに焦るかもしれませんが、うまく乗り越えれば残りの人生を有意義に過ごすチャンスにもなります。そこで、『自分らしく生きる! 40代からはじめるキャリアのつくり方:「人生の転機」を乗り越えるために』(石川邦子/方丈社)から、女性が抱えるライフキャリアの悩みとその解決方法について、連載形式でお届けします。

pixta_54878673_S.jpg

ブランクはプラスに捉える

再就職支援のキャリアアドバイザーをしていたときには、いったん結婚や出産、夫の転勤などで離職して、時間的な余裕が出てきたので、再度働きたいという相談が多くありました。

そしてその多くの方は、仕事をしていなかった期間を「ブランク」とマイナスな意味で捉えていました。

「ブランク」と言われている期間をどのように過ごされていたかは、人それぞれです。

Sさんも10数年ブランクがありました。

そのブランクの間、育児や家事以外にも何かされていたのかをお聴きすると、「内職はしていた」と答えてくださいました。

内職を具体的に聴いていくと、通信教育で論文添削やエントリーシートの添削をされていたのです。

そして、エントリーシートの添削についてさらに詳しく聴いていくと、「最初は自己PRもまともに書けていなかった学生さんが、だんだん自分の良いところを表現できるように成長していくのをサポートできて、とても楽しい」と。

まさにキャリア支援の一部を担っておられたのです。

当時はまだキャリアコンサルタントの認知が低く、ご存知なかっただけでした。

そこで、キャリアコンサルタントの仕事内容や資格、養成機関などの情報提供をしました。

今後のキャリアの方向性の中で、ひとつの選択肢として若い人のキャリア支援をしていくことを考えていただくことになりました。

ブランクと思われていた期間におこなっていた内職は、キャリア支援という目標につながる経験となったのです。

最後に私がSさんにお伝えしたのは、「ブランクがなくなりましたね」ということでした。

驚いたことに昨年私の講座に、Sさんが参加してくださり、10年ぶりに再会しました。

Sさんから「今キャリアコンサルタントとして頑張っています」とお聴きしたときは、本当にこの仕事をしていて良かったと感激しました。

仕事をしていなかった期間を「ブランク」とマイナスに捉えてしまうのではなく、その期間をどのように過ごして、どのような力が身についたのかを考えてみることが大切です。

最初からは無理でも、子育てにも慣れてきた段階で、今の時間を使って子育てをしながらでもできることからやってみて、その経験をきちんと積み重ねていけば良いのです。

情報収集でもいいですし、Sさんのように通信教育などのお仕事でも良いと思います。

子育てしながら在宅でおこなえる、裁量のある仕事を探してみてはいかがでしょうか。

将来を考えて、計画的に育児期を捉えていくことで、ブランクというマイナスな捉え方を変えていって欲しいと思います。

どう自分らしく生きる?『40代からはじめるキャリアのつくり方』記事リストはこちら!

059-syoei-40dai.jpg中年期にぶつかる仕事や人生におけるキャリアの悩みごとに解決法、対処法を5章にわたり解説

 

石川邦子(いしかわ・くにこ)

Natural Will代表。キャリアコンサルタント。1977年、IT関連企業トランスコスモス株式会社入社。1994年、役員に就任。オペレーション部門の統括や人材戦略・キャリアモデル構築、採用・研修などの統括を担当する。ほかに各種事業の立ち上げおよび運営管理、 韓国でのアウトソーシング会社運営指導等に携わる。同社専務取締役を経て、2003年、キャリアデザインおよびストレスマネジメントを支援するNatural Willを設立、代表に就任。日本体育大学、法政大学、白百合女子大学でキャリア教育を担当。2011年、日本産業カウンセリング学会にて学術賞を受賞。2011年からJAICO東京支部キャリア関連講座部の部長など、現在もキャリアコンサルタントの育成に務めている。また、メンタルタフネス研修、メンター研修、キャリアデザイン研修、女性活躍支援講演など講師を務める一方、カウンセラーとして企業内のキャリア支援など多方面で活躍中。シニア産業カウンセラー、1級キャリアコンサルティング技能士、メンタルヘルス・マネジメント検定I種、英国IFA認定アロマセラピスト。著書に『ダメな上司は耳で聞く』(現代書林)がある。

059-syoei-40dai.jpg

『自分らしく生きる! 40代からはじめるキャリアのつくり方:「人生の転機」を乗り越えるために』(石川邦子/方丈社)

異動や降格、転勤または独立、病気にけが…40歳以降の中年期を迎える人々に訪れるさまざまな人生の転機。自分の経験を生かせる中年期だからこそ、この転機をうまく乗り越え、その後のキャリアと人生をより良くするためのヒントが詰まった一冊。

※この記事は『自分らしく生きる! 40代からはじめるキャリアのつくり方:「人生の転機」を乗り越えるために』(石川邦子/方丈社)からの抜粋です。

この記事に関連する「ライフプラン」のキーワード

PAGE TOP