闇雲に考えても問題は解決できません。人気コンサルが教える「3回考える思考法」とは

仕事や日常生活で困ったとき、人は「いい手はないかな?」とあれこれ考えます。でも、簡単にアイデアは思いつきません。しかし、「課題に素早く対応できる人はその糸口と具体的な行動がナビのように見えています」と語るのは、問題解決のプロ・高橋輝行さん。その高橋さんの著書「思考と行動を高速化する 超速! 問題解決」(アスコム)から問題解決に素早く対応できる方法をご紹介します。

pixta_57655777_S.jpg

なぜ「3回考える」のか?

そもそも、問題解決が苦手な人の多くは、段階をわけて考えることをしていません。

「考える」というと、1回で長い時間、考え込んでしまうケースがほとんどです。

じっとデスクやパソコンと向かい合ったまま考え続けて、気がついたら何十分も経っているのに作業が進んでいない、といったことは私も過去に経験があります。

1回でゼロから100まで考えて答えを出そうとするスタイルだと、ときには何かを思いついたり、ときには整理してみたり、思考が前後したりと、まとまりがなく頭のなかが整理できないので、なかなか答えを出すことができません。

例えばクイズの答えを考えるような場合は、1回の思考でも頭のなかがぐちゃぐちゃになることはありません。

正解が用意されているからです。

しかし問題解決という、明確な正解がないことを考える場合、いくらでも考えることができてしまいます。

とりとめがなく、収拾がつかなくなってしまうのです。

「3回考える」思考法を使うのは、何を考えるかを明確にして、区切りをつけやすくするためです。

1回目の「思い込みをはがす」では、問題の背景を洗い出します。

2回目の「ひと言でまとめる」では、問題の本質を抜き出します。

3回目の「筋を通す」では、アクションの精度を高めます。

こうして現在地から目的地に向かうための最適なアクション=最短経路を、実行できるレベルで導き出すのがこの章のテーマです。

3回にわけて考えるとロジカルに思考を深められる!

mondai_P101.jpg

【まとめ読み】課題にぶつかった人に!「超速! 問題解決」記事リスト

110-H1-hitorisaizu.jpg簡単3ステップで問題解決できるメソッドを全4章に集約!

 

高橋輝行(たかはし・てるゆき)

博報堂で数々のプロジェクトを経験し、SBIグループで知財戦略の構築に携わる。その後、ぴあの再建に尽力し、年間18億円の赤字から黒字化を実現。2010年にKANDO株式会社を設立。思考と行動を高速化する独自の思考フレームとディスカッション手法で、数々の企業の課題解決を支援。

110-H1-hitorisaizu.jpg

思考と行動を高速化する 超速! 問題解決

(高橋輝行/アスコム)

「長時間考え込んでしまう」「新しいアイデアが浮かばない」「自分の判断に自信が持てない」…。問題にぶつかったときに簡単にできる「思考と行動を整理できるフレームワーク術」を紹介。そこから具体的に問題解決の最短距離を見つける方法と実行の仕方が一冊に詰まっている。

※この記事は『思考と行動を高速化する 超速! 問題解決』(高橋輝行/アスコム)からの抜粋です。

この記事に関連する「ライフプラン」のキーワード

PAGE TOP