命が尽きるのが先か、貯金がなくなるのが先か...増大する「がんの治療費」/僕は、死なない。(29)

「病気の名前は、肺がんです」。突然の医師からの宣告。しかもいきなりステージ4......。2016年9月、50歳でがんの告知を受けた刀根 健さん。「絶対に生き残る」「完治する」と決意し、あらゆる治療法を試してもがき続ける姿に......感動と賛否が巻き起こった話題の著書『僕は、死なない。』(SBクリエイティブ)より抜粋。21章(全38章)までを全35回(予定)にわたってお届けします。

僕は、死なない。29.jpg

体調は少しずつ悪くなっているような感じがした。

呼吸は苦しくなり、歩いていると息が切れた。

立っていると股関節が痛み、座ると坐骨が痛い。

まずい、このままでは......。

よし、サプリだ。

試しにサプリを短期間に大量に飲んでみよう。

僕はノニジュースを1日1本飲むことにした。

とりあえず、2週間続けてみよう。

2週間飲めば、効果が出るはずだ。

お金は相当かかるけど、ケチってはいられない。

なんたって、命がかかっているんだから。

しかし、毎日1本2週間ノニジュースを飲んでも、目に見えた効果は上がらなかった。

毎月の治療費はサプリ代も入れて30万円近くに達していた。

命が尽きるのが先か、貯金がなくなるのが先か、ギリギリのチキンレースを走っている気分だった。

3月になると左の坐骨が痛くて、ついに座席に座れなくなった。

もう立ってるしかない状態だ。

座ったら痛い、立っても痛い、どうすればいいんだ。

道では人にどんどん抜かれていく。

早く歩けない。

はぁはぁとすぐに息が切れる。

呼吸が浅くなり、息苦しいのが普通になった。

スムーズな呼吸がどんなものか思い出せなくなった。

血痰がひどくなった。

咳をして痰を出すと必ず血が混じっている。

息を深く吸い込めなくなった。

あくびもできなくなった。

横に向いて寝られなくなった。

横を向くと、肺が締め付けられて息苦しくなるのだ。

深呼吸をすると肺に何かが絡みつき、咳き込むようになった。

身体が重く、だるくなった。

普通に立って動くことがおっくうになってきた。

気に入って観ていたテレビドラマ「精霊の守り人」が3月に終わった。

続きの最終編は予告編では11月から再開とのこと。

まじか、11月か......それじゃ観られないな。

瞬間、脳裏をよぎった。

いや、大丈夫、大丈夫、観られる、観るんだ、すぐさま自分に言い聞かせた。

ひすいこたろうさん、阿部敏郎さんといった方々の心を励ます本をたくさん読む。

そうだ、全ての出来事はベストなんだ。

ベストのことが起こっているんだ。

だからがんになったことも、ステージ4だってことも、きっと僕にとってベストのことなんだ。

頭の中で自分に言い聞かせるが、それは本当だろうか?

肺がんステージ4が自分にとってベストなんてこと、あるんだろうか?

いいや、ありえないでしょ、そういう声も同じくらいか、いやそれより大きな声で聞こえてくるのだった。

思い切って飲尿療法を試してみた。

自分の尿を飲むのだ。

飲尿療法では、尿は身体の状態を記録している最高の情報源だという。

その情報を再び体内に入れることで、身体が自身の悪い部分を自動的に修復し改善して行くのだという。

調べてみると実際に様々な疾患が改善したという情報もあった。

朝一番の尿がいいらしい。

黄色の生暖かい液体を口に近づける。

尿独特のにおいが鼻をつく。

むむむ......これ、勇気いるな。

いや、四の五の言ってられないだろう。

飲むんだ!

鼻を指でつまみ、強制的に口に流し込む。

生ぬるい液体が口に入ってきた。

変な味だ、うわーお。

飲め!味わうな!ごくりと飲み干す。

うえーっ、あたり前だけど、まずい。

がんが消えるなら、尿だってウンコだって、なんだって飲んでやるよ!

次のエピソード:僕は...強い人間じゃなかった。「がんという谷底」でこそ見えた景色/僕は、死なない。(30)

【まとめ読み】『僕は、死なない。』記事リスト

shoei001.jpg50歳で突然「肺がん、ステージ4」を宣告された著者。1年生存率は約30%という状況から、ひたすらポジティブに、時にくじけそうになりながらも、もがき続ける姿をつづった実話。がんが教えてくれたこと」として当時を振り返る第2部も必読です。

 

刀根 健(とね・たけし)

1966年、千葉県出身。OFFICE LEELA(オフィスリーラ)代表。東京電機大学理工学部卒業後、大手商社を経て、教育系企業に。その後、人気講師として活躍。ボクシングジムのトレーナーとしてもプロボクサーの指導・育成を行ない、3名の日本ランカーを育てる。2016年9月1日に肺がん(ステージ4)が発覚。翌年6月に新たに脳転移が見つかり、さらに両眼、左右の肺、肺から首のリンパ、肝臓、左右の腎臓、脾臓、全身の骨に転移が見つかるが、1カ月の入院を経て奇跡的に回復。現在は、講演や執筆など活動を行なっている。

6143Ex20k-L.jpg

『僕は、死なない。 全身末期がんから生還してわかった人生に奇跡を起こすサレンダーの法則』

(刀根 健/SBクリエイティブ)

2016年9月、心理学の人気講師をしていた著者は、突然、肺がん告知を受ける。それも一番深刻なステージ4。それでも「絶対に生き残る」「完治する」と決意し、あらゆる代替医療、民間療法を試みるが…。当時50歳だった著者の葛藤がストレートに伝わってくる、ドキドキと感動の詰まった実話。

この記事は『僕は、死なない。 全身末期がんから生還してわかった人生に奇跡を起こすサレンダーの法則』(刀根 健/SBクリエイティブ)からの抜粋です。

この記事に関連する「ライフプラン」のキーワード

PAGE TOP