ボクサーと格闘家。2人の友人に受けてもらった不思議な治療の結果は...⁉/続・僕は、死なない。(27)

「50歳での末期がん宣告」から奇跡の生還を遂げた、刀根健さん。その壮絶な体験がつづられた『僕は、死なない。』(SBクリエイティブ)の連載配信が大きな反響を呼んだため、その続編の配信が決定しました! 末期がんから回復を果たす一方、治療で貯金を使い果たした刀根さんに、今度は「会社からの突然の退職勧告」などの厳しい試練が...。人生を巡る新たな「魂の物語」をお届けします。

ぼくしな27.jpg

引退

8月が終っても、暑い日が続いていたある日のことだった。

久しぶりにボクシングジムへ顔を出した僕に、真部会長が言った。

「長嶺、また目をやっちゃったみたいです」

「また、ですか?」

そう、長嶺選手は過去に2回、網膜剥離をやっていて、今度やったら「引退」と日本ボクシング・コミッションから言われていた。

「ええ、今回は網膜剥離じゃないみたいなんですけど...」

長嶺選手は昨年の最強挑戦者決定戦を制した後、この3月に日本タイトルに挑戦した。

試合は一進一退の展開だったが、終盤長嶺選手の左フックがチャンピオンの顔面を捉え、起死回生のダウンを奪った。

しかし、チャンピオンがすごかったのはここからだった。

鬼の形相で長嶺選手に迫り、圧倒的な手数でダウンを奪われた以降のラウンドを全て制した。

その反撃もあり、ギリギリの差で長嶺選手は惜しくも敗れ去った。

長嶺選手に勝った日本チャンピオンは、次の試合で世界タイトルに挑戦し、敗れはしたものの、KO率の高い世界王者に、最後まで善戦をした。

長嶺選手はその後、外国人選手を圧倒して再起し、次の試合に向けて練習をしているときの事故だった。

「舟橋さんなら、なんとかなるかも...」

僕は淡い期待を抱いた。

「長嶺と一緒に、征矢にも来てもらおう」

僕はさっそく舟橋さんに連絡を入れてスケジュールを確認すると、10月3日に出張があり、その翌日なら時間がとれそう、とのことだった。

すぐに長嶺選手と征矢選手に連絡を入れたところ、二人とも来ることになった。

関連記事:「嫁が息を引き取りました」思わず言葉を失った...ある友人からの報告。

僕は友人の社労士である中江さんに会議室を抑えてもらった。

こうして、10月4日に舟橋さんと僕、長嶺選手と征矢選手がそろった。

「長嶺、大変だったな」

長嶺選手は、思ったほど落ち込んでいる感じではなかった。

「東洋タイトル挑戦の話があって、サウスポーと練習してたんです。スパーの時、ちょっとパンチが目に入っちゃって」

「どんな感じなの?」

「網膜剥離のときは、視界の半分くらいが黒い点々が出て、飛蚊症(ひぶんしょう)がすごい感じだったんですけど、今回はまぶしいです」

「まぶしいって?」

「レンズが水晶体からずれてるので、そこから光が入ってきて、すごくまぶしいんですよ」

「今も?」

「はい、今もすっごくまぶしいです」

「そっか、それは大変だね。今日は僕の知ってる不思議な治療をする人に来てもらってるから、もしかしたら良くなるかもしれないよ」

「はい、そうなったらいいです。ま、でもダメでもしょうがないっす」

長嶺選手はこの状態で再起するのはほとんど無理だと悟っているのか、サバサバした感じだった。

クレバーな彼のこと、もしかすると、もうアフターボクシングのことを考えているのかもしれなかった。

征矢選手は明らかに体調が悪そうだった。

顔はどす黒い感じで、身体も前に会ったときよりもさらに小さくなっているように感じた。

座っているだけで辛そうだった。

「征矢、また痩せた?」

「ええ、最近、食べられなくて」

「そっか、それは辛いね」

「ええ、まあ」

舟橋さんは簡単に挨拶をすると、二人の症状を聞いた。

長嶺選手は目の中のガラス体についているレンズを押さえる腱が切れてしまって、レンズがずれている状態とのことだった。

「う~ん、僕のやつ、目はあまり効かないんですよね~。とりあえず、やるだけやってみます」

舟橋さんはそう言うと、横になった長嶺選手に術式を入れ始めた。

「どう?」

終わった後、僕は長嶺選手に聞いてみた。

「あまり、変わらないっす」

「そっか...残念」

次は征矢選手だった。

舟橋さんは診断したあと、こう言った。

「病気の原因は、メンタルですね」

「何かメンタルを落とす大きな出来事、ありましたか?」

「ええ、嫁が白血病で亡くなりまして...」

「そうだったんですね...それは辛かったでしょう」

「ええ、はい」

「でも、身体は良くなると思います。メンタルも戻しておきましょう。これから、身体の中の病気を消すプログラムを入れます」

それがどういうプログラムで、どうやって入れるのかは皆目見当がつかなかったけれど、そういうことなんだ、と僕はひとりで納得をした。

うつ伏せになった征矢選手の仙骨のあたりに、舟橋さんが手を当てる。

しばらくして、施術が終わった。

「どう?」

同じように征矢選手にも聞いてみた。

「なんだか、身体が温かいです」

征矢選手の顔色が明らかに良くなっていた。

「身体が、軽くなった気がします。身体を動かしたくなりました。今日、練習行けそうです」

プロのアスリートは身体の感覚が鋭い。

微妙な違いも認識できる感覚を持っている。

一流になれば、それはなおさらだ。

征矢選手はその微妙な違いを感じ取ったらしい。

「ありがとうございました」

治療を終え、舟橋さんと分かれた。

彼はこれから新幹線に乗って三重に帰って行く。

わざわざ僕たちのために時間を取ってくれた。

本当にありがたい。

このあと征矢選手は、時々舟橋さんに診てもらいながらも、自分の身体に合う漢方のクリニックを見つけたこともあり、難病であるクローン病を見事に克服することになる。

そして長嶺選手は惜しまれながらもボクシング界から引退した。

最終のランキングは日本2位だった。

【次のエピソード】身体の中の大掃除か...。「プチ・断食」による新鮮な経験/続・僕は、死なない。(28)

【最初から読む】:「肺がんです。ステージ4の」50歳の僕への...あまりに生々しい「宣告」/僕は、死なない。(1)

【まとめ読み】『僕は、死なない。』記事リスト
shoei001.jpg

50歳で突然「肺がん、ステージ4」を宣告された著者。1年生存率は約30%という状況から、ひたすらポジティブに、時にくじけそうになりながらも、もがき続ける姿をつづった実話。がんが教えてくれたこととして当時を振り返る第2部も必読です。

 

刀根 健(とね・たけし)

1966年、千葉県出身。OFFICE LEELA(オフィスリーラ)代表。東京電機大学理工学部卒業後、大手商社を経て、教育系企業に。その後、人気講師として活躍。ボクシングジムのトレーナーとしてもプロボクサーの指導・育成を行ない、3名の日本ランカーを育てる。2016年9月1日に肺がん(ステージ4)が発覚。翌年6月に新たに脳転移が見つかり、さらに両眼、左右の肺、肺から首のリンパ、肝臓、左右の腎臓、脾臓、全身の骨に転移が見つかるが、1カ月の入院を経て奇跡的に回復。現在は、講演や執筆など活動を行なっている。

6143Ex20k-L.jpg

『僕は、死なない。 全身末期がんから生還してわかった人生に奇跡を起こすサレンダーの法則』

(刀根 健/SBクリエイティブ)

2016年9月、心理学の人気講師をしていた著者は、突然、肺がん告知を受ける。それも一番深刻なステージ4。それでも「絶対に生き残る」「完治する」と決意し、あらゆる代替医療、民間療法を試みるが…。当時50歳だった著者の葛藤がストレートに伝わってくる、ドキドキと感動の詰まった実話。

この記事に関連する「ライフプラン」のキーワード

PAGE TOP