母に先立たれた父、勝手に全ての保険を解約! 倒れたらどうするの!?

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:あめんぼ
性別:女
年齢:45
プロフィール:独身。正社員ですがお給料はあがりません。節約して暮らしています。

14.jpg

現在一人暮らしをしている71歳の父は亭主関白で、家のことはほぼなにもできないタイプでした。ですので、5年前母に先立たれた後は、父1人で暮らしていけるのだろうかと本当に心配したものです。ですが、私が住宅ローンや保険、銀行周りをまとめた紙を作って父に引き落としや家賃のことなどを説明すると、あとは自分でやれるといって特に問題もなく暮らしていました......と思っていたのですが、最近とんでもないことが発覚しました。父は入っていた保険全てを解約していたのです。

実家を出て遠方に住む私。実家に帰るのは半年に一度くらいです。先日半年ぶりに実家に帰って父と話していたのですが、ふと父が「保険なんて無駄なものに金を使うのはいやだから、全部やめてやった」といったのです。これを聞いた時、頭が真っ白になりました。今、無保険なの!?と。そしてすぐに怒りがわき、「お母さんが家計が苦しいときにも積立として入っていた生命保険も? 医療保険すらやめたの?」と問い詰めてしまったのです。

でも、頑固な父にこのような言い方はNG。すぐ「うるさい! 俺の金なんだから文句いうな! 帰れ!」と家を追い出されてしまいました。問い詰めるべきではなかったと思いましたが、それ以上に保険をやめられてしまったことがショックだったのです。

このやめてしまった保険は、母が苦しい思いをしながら保険料を払い続けてきたものでした。「うちは貧乏で一人娘のあなたに残せる財産がない。でも私とお父さんの生命保険をあげる。今は苦しいけど、きちんと払っていくから」と言っていた母。バブルが弾けて父の給料がぐんと下がったあとは、母がパートに出て払い続けていました。私は正直、生命保険よりも母に長生きしてほしいと思っていたのに、その母は亡くなり、残った父は母の苦労を無にしてしまったのです。母がこのことを知ったら、どれだけ悲しむかと思うと、怒りがおさまりません。

また、父が倒れて入院したときに、その入院費や手術代はどうするのでしょう。大した貯金もないくせに、ロスジェネで給料も上がらない私が払うのでしょうか......。おそらく今は保険の解約返戻金があるので大丈夫と思っているのかもしれませんが、給料が下がったあとも月10万円をお小遣いとして使い果たしていた浪費家の父に、貯金なんて無理です。いつかお酒に消えてしまうのは目に見えています。

本当になぜ解約してしまったのか。解約する前に相談してくれれば、私が払っていくこともできたのです。もう生命保険は仕方ないとしても、これから私のお金で父の医療保険だけでも入っておこうと思っています。このような勝手な父親と、まだ付き合っていかなければならないと思うと憂鬱です。

関連記事:荻原博子さん直伝。昔の常識は非常識⁉ シニア世代が「やってはいけない」6つのお金の習慣

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP