「返信不要」を鵜呑みにしたら義母激怒!メール感覚の違いに疲れる

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:
性別:女
年齢:38
プロフィール:結婚5年目。フルタイムで働いています。

5.jpg

先日のことです。平日の昼間に、遠方に住む60代後半の義母から、普段はあまりチェックしないパソコンのアドレスにメールが届きました。内容は「今日は〇〇へ散歩に行きました」というもの。その時撮ったであろう風景写真も添付されていました。そして、文末には「お忙しいでしょうから返信不要です」との一言。

私はフルタイムで勤務をしているので、そのメールを確認したのは、残業を終え、ヘトヘトになって自宅に帰宅した23時過ぎでした。そして文面は読んだのですが、「返信不要」と書いてありますし、急ぎ返事をする内容ではないので、睡眠を優先。そのまま翌日も返信をせず出勤したのです。

するとその日の昼休み、夫からLINEがきました。内容は「親戚から連絡があった。母親が私からメールが返ってこなくて怒っているらしく、そのことを親戚中に電話をしていると。早々に返事をしてくれ」というもの。私は一気に青ざめました。返信不要と書いておきながら、24時間メールが返ってこなかったことに怒ったようなのです。すぐさま会社のトイレに駆け込み、スマートフォンから返事をしました。返信が遅くなった詫びと、お写真きれいですね、寒くなってきたのでご自愛ください......と。このメールに義母からの返信は特にありませんでした(返信していただくような内容でもありませんし)。

そしてその夜、夫から親戚に連絡して、様子を探ってもらいました。すると、義母はメールの返事が返ってきて機嫌がなおったとのこと! それを聞いて私は「よかった〜!」と思うと同時に緊張が緩んで脱力......。そして、「急に怒るけど、すぐに忘れるタイプだから、気にしないほうがいいよ」とありがたいアドバイスもいただきました。これで一応この一件はおさまりました。

ただ、私は本当に肝を冷やしました。義母と私のメールマナーの違い、そして時間の感覚の違いを痛感しました。

気持ちとしては、義母も昔はフルタイム勤務をしていたので、仕事中の忙しい状況を思い出してくれたらいいのにとか、私の勤務時間が長いこともご存知なので、思いやってくれないものか......というのもありました。
ですが、仕事を引退し、自分の時間がたっぷりできた義母がメールの返信を待つ時間は、私が感じる時間の流れと違い、とてもとても長く感じることも予想できました。

それからは、義母から私のパソコンメール宛にメールがきていないか、また来ていたときには5時間以内に返信しなければ!とこまめにチェックしています。正直疲れます......。

関連記事:「〇〇さんは2人目ご懐妊だって」お姑さんからのメールが頻繁すぎ!どう回避する?

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP