極端なダイエットで体調を崩した学生時代。友人が教えてくれた痩せるために大切なこと/吉澤恵理

皆さま、こんにちは。医療ジャーナリスト・吉澤恵理です。私は、108kgから53kgの減量に成功した経験があります。

108kgまで増えた体重を30品目ダイエットというコツコツと努力が必要な方法で減量したのには、過去のダイエットでの失敗から学んだ教訓がありました。

前回のエピソード:108kgから-53kg!そんな私のダイエットに欠かせないシンプルな秘密

beforeafter.jpg

ぼっちゃり体系だった子供時代

私が子供の頃には、今なら大きなニュースにでもなりそうな出来事が学校生活でも日常茶飯でした。

小学校5年生の時、先生が体育の授業を中断し、「走って苦しくなるのは太っているせいだ」と言いだし、児童に向かって「この中で太っているのは誰だと思う?」と言いだしたのです。

私は当時ぽっちゃりしていたので自分の名前を誰かが言うのではとハラハラしながら体育座りをした膝を抱え込むように下を向いたの覚えています。そして恐れたとおり「恵理ちゃん!」と誰かが言ったのです。それがトラウマになって「私は太っている。」というのがコンプレックスになりました。

当時、今のようにインターネットもなく、ダイエットをすることなどは考えもつかず、高校生まではぽっちゃりでした。コンプレックスでいっぱいだった私が大きく変わり始めたのは、大学に入ってからでした。

初めての一人暮らしでダイエット開始

大学に入り、初めての慣れない一人暮らしに自然と体重が落ちていました。高校時代は誰にも「綺麗」などと言われたことがなかった私に「綺麗」だと言ってくれる人が現れたのです。やはり女性は、褒められると嬉しいものです。それまでモノクロだった私の毎日が、その日を境に色づき始めたのです。女性は、花の如し、褒められ愛情を注がれるとより輝きたいと思うもの。私の若い頃はボディコン・ワンレンが大流行りでした。私もボディコン・ワンレンに挑戦とばかりにダイエットを頑張っていました。当時は、若かったので「食べないダイエット」で簡単に体重を落とすことができていました。ひどい時は、朝はコーヒー、昼は学食、夜は牛乳だけなどという、栄養度外視の食生活を送っていました。

65kg程度だった体重から2-3ヶ月程度でに50kg近くまで体重が落ちた時、気がつけば生理も止まっていることに気づき、鏡を見ると肌荒れもひどく髪もパサパサな私がいました。そして何よりも気分が落ち込み易く、今思い出すときっと鬱傾向だったのかなと思います。

友人が教えてくれたキチンと食べる大切さ

痩せていくのに比例して元気がなくなっていた私を心配して大学の友人が「部屋に遊びに来ない?」と言うので友人の部屋に行きました。すると同級生の女子が他に3人来てくれました。話しているうちに夕方になり友人が「一緒にご飯作ろうか?」と言うので料理を始めました。焼き魚にキンピラ、サラダ、味噌汁を友人達と作ったのを今もよく覚えています。食べることがおろそかになっていた私は、久しぶりのキチンとした食事と友人達との楽しい時間に料理の楽しさにも目覚めその日から、食事に気を遣うようになりました。

栄養ある食事をするようになると生理も順調になり、肌も髪も艶を取り戻しました。何より気持ちに元気が戻りました。無理なダイエットは禁物ですね。いまでもその友人達には感謝しています。

その時のことが教訓となり、痩せるには地道なダイエットを実践することが大切だと知ったのです。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP