「これしきのことで弱音は吐かない!」骨折していたおばさんの我慢強さに驚愕/バニラファッジ

こんにちは。認知症で要介護4のお義母さん(姑)とリウマチと骨粗鬆症で要介護5のおばさん(姑の妹)の 在宅介護を経験した嫁のバニラファッジです。

今回のお話は、おばさんがデイケアを初めて利用した時のお話です。

前回のエピソード:良かれと思って決めたリフォームでお義母さん大激怒!そんな時どうすれば?

27-1.jpg
27-2.jpg

お義母さんの認知症が進み、 食べたのに食べてない、やったのにやってない、見たのに見てないを 繰り返すため、1番近くにいるおばさんのストレスが大きくなってきました。

あまりに姉妹喧嘩が続くので、それをケアマネジャーさんに相談したところ、おばさんは社交性があるのでデイサービスを利用しては、と勧められました。

おばさんが選んだサービスは、病院が併設している介護施設でのデイケアでした。

朝9時頃に迎えのバスが来て、昼食、入浴、おやつ、リハビリなどのサービスを受け、4時頃に帰宅するというものでした。

週1回ならおばさんも気分転換になり、介護者も自由な時間が増えるという、とてもありがたいサービスです。  

デイケアサービスを利用するためには、現在の健康診断の結果を提出しなければいけません。

さっそくかかりつけの病院へ。 ところが...

27-3.jpg

27-4.jpg
27-5.jpg
27-6.jpg
27-7.jpg
27-8.jpg

結局、おばさんのデイケアは 骨がくっつくまでおあずけになりました。

それにしても、おばさんの我慢強さには頭が下がります。

 

定年まで幼稚園教諭をしていたおばさんですが、ケアマネージャーさんから、デイケアの内容を聞いた時 「まるで幼稚園のようね。」と言っていました。

内心あまり行きたくなさそうでしたが その日は、着々と近づいてきました。  

(つづく)

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

バニラファッジ

ブログ「7人家族の真ん中で。」管理人。夫と3人の子ども、姑と姑の妹(おばさん)の7人家族でしたが、一昨年、昨年と続けておばさん(88歳)と姑(94歳)が他界。頭はしっかりしているけど、リウマチと骨粗鬆症で車椅子生活の叔母さんと身体は丈夫だけれど認知症の姑を在宅介護した日々をあれこれ思い出しながら描いていきます。著書に『スーパー嫁の汗と笑いの在宅介護: お義母さん!トイレはこっちです』『7人家族の真ん中で。』『91歳毒舌系女子、喧嘩を売って生きてます』などがある。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP