デリカシーがあまりにもない!「自分が一番上」アピールが過ぎる友人

11.jpg

ペンネーム:くわりん
性別:女
年齢:49
プロフィール:海外旅行が好きな独身OL。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

◇◇◇

私の友人に、自分が一番幸せで、自分以外の人すべてを下に見ている友人がいます。
先日、何人かで集まった時にも、「○○ちゃん、パート始めたの? 今更働くのって、どんな感じ? 年下の先輩に、仕事を教えてもらうのなんて、私なら絶対に嫌だ」など、聞いている私達が唖然とすることを平気で本人に言ったりします。

働かなくてもいい自分の環境を前面に出しつつ、最近パートで社会復帰をした別の友人に嫌味をいうのです。まわりで聞いている私達も言われた本人も不愉快になるのですが、言った本人は全くそんな状況にも気づいていないようで、平然としています。

以前、同じ友人達とランチ会をした時の話です。同席していない共通の友人家族が、最近マンションを購入したらしいという話題になりました。築年数は経っているけれど、新築同様にリノベーションされてとても綺麗らしいと話していたのですが、「築○○年のマンションなんて、見えないところがどうなっているかわからないから、買わない方がいいのに。しかも、駅から遠いとあとで売りづらいよね」と、いつもの嫌味が始まりました。さらに、「うちは、新築マンションで購入したし、何より駅近なのが一番便利。駅前には、デパートもあるから、夕ごはんのおかずも途中で買えるからね。マンションは、新築の駅近に限るよ」と、自分が住んでいるマンションを私達に自慢してきました。

パートで働くことも、マンションを購入することも、それぞれ家庭の事情があってのことです。それに、友人同士というのは、言ってはいけないことや踏み込んではいけないことをわきまえているからこそ、うまく長く付き合っていけるものなのに、この友人は、配慮がなさすぎです。

多分この友人が嫌味をいうのは、みんなから「いいな~」と、言ってもらいたいのと、自分がこの中で一番「上の階層」で暮らしていると、見せつけるためなのかな?と思います。

先述の働く話にしても、社会では年上の後輩が出来ることは珍しい話ではありません。いつか自分が働かなければならない状況になった時、働く前から年下の先輩は嫌だなんて思っていたら、困るのは自分だと思うのです。

きっと、こういう人は、うまくいかないのはまわりのせいにして、今までも過ごしてきたと思います。これまでは友人だと思うからこそ、この友人だけを誘わないのはかわいそうだと思っていましたが、毎回のように会うと嫌な気分になる位なら、私がランチ会に行くのを止めようと思います。デリカシーのないこの友人は、そもそも友人ではなかったのかもしれません。

関連記事:人の言葉を一度受け止めることで人間関係をやわらかく/枡野俊明

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP