目標3カ月分...? 老後も今も安心したい!一体いくら貯めておけばいいの?

9.jpg

ペンネーム:くわりん
性別:女
年齢:49
プロフィール:海外旅行が好きな独身OLです。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

◇◇◇

独身で単身世帯の私は、自分に万が一の事があった時に少しでも蓄えがないと安心して病気にもなれません。40代後半ともなると、それまで健康だったはずなのに経験したことがない病気や症状があらわれて、その度に悪い方向へと考えてしまいます。

以前、職場の先輩からよく言われていたことを最近思い出します。「急にくるから気をつけて」と。20代、30代の頃は、自分に40代が来ることに実感がもてず、深くは考えていませんでした。ですが実際自分が40代になり、それまで健康だったのに思わぬ病気や症状が出てくると、一気に不安になります。このまま仕事が出来なくなったらどうしよう?とか、今は働いていられるけど、いつか病気や他の理由で働くことが出来なくなったらどうしよう?とか。

友人の一人に聞いたところ、病気になった時や仕事を辞めた時のことを想定して、給料をもらえなくても3カ月は暮らせるように、3カ月分の生活費を老後の資金とは別に貯めてあるといわれました。私はこの友人から話を聞くまで、老後の資金のことは心配していても、不測の事態については、全く考えていませんでした。

ですが、ある別の友人は、それとは異なる考えでした。健康な今この時にお金を使うべきだというのです。老後は身体的にもお金を使えなくなるから、今は貯めることより使うのが一番だと。確かに、歳をとったらお金を使う意欲や外出も面倒になってくるため、今のようにお金は使わないかもしれません。何より、使える今を我慢しても、老後もなく天国に行ってしまったら勿体ないかも......と思ってしまいます。

ただ、今と老後はお金のかかる用途もかわり、今は予想外の出費があるかもしれません。だから働ける今にお金を貯めて、安心をしたいのも事実です。

それぞれの友人の話を聞いた私でしたが、ともかく不安を少しでも軽くするには、やはりいざという時のお金という結論に達しました。そこで私は将来の蓄えではなく、いつでも使えるお金を準備することにしました

現在目下6カ月分を目標に蓄えているところです。ただ、6カ月分ともなると容易ではなく、老後のお金とは別に蓄えるため、なかなか6カ月分には近づけません。

よくインターネットなどで、「おひとり様のお金事情」のような記事が掲載されていますが、だいたいこのような記事の中に書いてあるのはのは、老後は○○円必要とか、年金を繰り上げて受給するのは得か?損か?等々です。ですが、私が今知りたいのは、「おひとり様が老後を楽しく迎える『まで』に、不測の事態に備えて今余分にいくら貯めておけば安心です!」というもの。もちろん一人一人置かれている状況も違うため、正解は一つではないと思いますが、今、いくらあれば、安心できるのか目安があればいいのにと思います。

結局のところ、先のことは誰もわからないので、自分がどうしたいのかが決め手になるのかなと思いました。


私は、老後も今も両方安心したいです。当面は、6カ月分を貯めるまで頑張ろうと思います。

関連記事:目安は約3千万円! 取り崩せる額の試算で家計の収支改善を/年金生活

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

週3日、LINEでオススメ記事が届く!

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP