狭まってくる風景の中、選んだ生きる道を頑張り続ける姑/ゆらりゆうら

介護福祉士をしながら、漫画も描いております、ゆらりゆうらと申します。

【前回】悪口ばかりだった姑。入院中の今、姑の心と身体を支える「ありがとう」の言葉

【最初から読む】アラフィフ専業主婦が姑&小姑の態度に一念発起!ヘルパーおかん誕生

現在は、療養型病院に入院中の姑っち。

かなり、危ない状態になったこともありましたが、現在は安定しております。

姑っち、60代、70代の頃は、パワー全開、周りの迷惑顧みずの困ったばあちゃんでしたが、80の声が聞こえる辺りから、徐々にトーンダウンしていったのです。

複雑な姑への思い1.jpg複雑な姑への思い2.jpg

倒れた頃は、「あんなにじっとしてるのが嫌だったのに、ベッドに寝たきりというのはどう感じているのだろう?」と思っていましたが、何度も驚異的な回復を見せる姑っちに...

「まだまだ、家族と一緒の空を見ていたいんだ」と感じています。

家から、そう遠くない病院に入院しているので、面会が解禁になったら、家族で毎日でも、交代で行くつもりにしています。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

ゆらりゆうら


ブログ「ヘルパーおかん。アラフィフ専業主婦からのハローワーク」主宰。ダンナ、息子、娘、そして姑と同居する、資格なし・特技なしのアラフィフの専業主婦が、独り立ちを目論みヘルパーに! 現在、ヘルパーおかんとして奮闘中! 著書にコミックエッセイ『アラフィフでヘルパーはじめました』がある。

コメントする

いつも毎日が発見ネットをご利用いただきありがとうございます。
この度、コメント機能の提供ですが、2022年7月6日をもちまして終了することとなりました。なお、過去に投稿していただいたコメントも見られない状態になります。
ご利用の読者の皆様には、大変ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。長らくのご利用ありがとうございました。
引き続き毎日が発見ネットをどうぞよろしくお願いいたします。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP