「いつが株の買い時か」さっぱり分からない私が資産を増やし続けられたワケは.../斗比主閲子

こんにちは。斗比主閲子と申します。

アラフォー、既婚、複数人の子持ち、二世帯住宅在住、富裕層(※)です。

※富裕層は純金融資産1億円以上の世帯(野村総研定義)

【前回】円安になると投資をしていなくても価値が下がるものとは?/斗比主閲子

【最初から読む】現在「富裕層」の私がいかにして危険な姑との二世帯住宅に住むことを決めたか/斗比主閲子

pixta_85808869_S.jpg

前々回の記事に書いたように、最近の円安で、私の海外資産の価値が値上がりしていることを紹介しました。

その後も円安が進んでいるので、私の資産は過去最高額になっています。

資産が毎年増え続けていることを言うと、「これまで、とてもいいタイミングで投資をし続けてきたに違いない」と思う人がいるかもしれません。

確かに私は十数年以上投資をし続け、その間にたくさんの投資の本を読み、多くのブログやSNSで投資情報を収集してきました。

また、ファイナンシャルプランナーの資格も保有しています。

だから、普通の人からすると投資の知識はあるというのは間違いないと思います。

銀行窓口で投資商品を紹介している人と同じか、それ以上の知識と経験はあるはずです。

ただ、そういう私でも株がいつが買い時・売り時かはさっぱり分かりません。

もう、本当に分からないので、たまに「今は株を買うべきじゃない!」と思ったときに実は安く買えたなんてことは日常茶飯事です。

正直に言って私は自分の投資センスを信じていません。

自分のセンスに合わせて売ったり買ったりしてたら、絶対に資産は増えないと思っています。

では、そんな私がなぜ資産を毎年増やせているかといえば、「十数年の間、常にずっと投資をし続けて、その間に基本的に一度も投資資産を売らなかったから」だけです。

本当にこれだけです。

以前もこの連載で書いたように、私は手数料の安い商品に鞍替えするとき以外では、基本的に投資した資産を売ったことはありません。

売らない理由は、現金化する必要性がないということと、売り時がいつかなんて分からないからです。

どうせ一時的に下がっても、経済が成長する限りは株価も成長すると信じているので、ひたすら売らないで保有し続けています。

こういう話をすると「もっと簡単にお金を増やす方法が知りたいのに! つまんない!!」と思う人がいるのは理解しています。

私も若いころはそういう簡単で誰でもできるお金儲けの方法を知りたいと思っていました。

でも、そんな簡単なお金儲けの方法があるなら、わざわざ他人に教えたりしませんよね。

自分で独占したらいいのに、他人に、しかも"タダ"で教えるなんてよほどのお人好しです。

私もたまーにSNSで"無料"で、「今は株は買わない方がいいかも」「今はかなり安くなってるかも」と呟いて、フォロワーさんから良いリアクションをもらうことがありますが、少し申し訳ないと思っています。

なぜなら大抵私の予想は当たらないからです!

結局、私が十数年してきたのは、余計な頭を使わないで、ただひたすら毎月ずっと世界の株式に分散して投資をし続けてきただけでした。

この記事を読まれた皆さんの中に、天性のセンスを持っていたり、はたまたたくさんの難しい勉強をしたりして、短期間で凄く儲かる投資をする人はいるかもしれません。

でも、私はそんな天才でもないし、勉強しても短期間でいつが売り時か買い時かはさっぱり分かりません。

そんな私でも愚直に毎月投資をし続けて資産を増やしてきたというのは、センスが必ずしもなく、勉強が苦手な人にはちょっと勇気を与えるんじゃないかと思って今日の記事を書きました。

今日はこんなところです。ではでは!

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

斗比主閲子

"アラフォー、既婚、複数人の子持ち、二世帯住宅在住、富裕層。旧帝大卒で年収は2000万円"ということになっています。ゆりかごから墓場まで、ありとあらゆる人間関係トラブルの相談を趣味で対応しています。単著『私って、甘えてますか?』(総合法令出版)

※毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

斗比主閲子さんのブログ:斗比主閲子の姑日記

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP